著作権について



テレビ番組をホームページに掲載


録画したテレビ番組のキャプチャした一画面、また動画としてのワンシーンを自分のホームページに載せて良いか。

テレビ番組の一画面やワンシーンを利用する為には、テレビ局の著作権、そのテレビ番組に使われている音楽の著作権、出演者のパブリシテイ権などが関係しますので、ホームページで利用するためには、それらの関係者の承諾を得ることになります。

著作権法98条1項
放送業者は、放送する番組内容について写真その他これに類似する方法により複製する権利を持っている。すなわち、テレビ番組内容に関する独占的な複製権を持っている。

著作権法2条1項13号及び14号
写真その他これに類似する方法にとり複製することには、テレビ画面を写真撮影して複製物を作成する事や、放送された映像をいったんビデオなどで録画した後、その録画したビデオを用いてさらに録画等をする行為も含まれている。

したがって全ての放送につき録画する場合は、テレビ局の承諾が必要になります。

著作権法30条1項
個人的にまた家庭内(例えば、少人数の友人間)での利用、すなわち、私的使用の為であれば、自由に録画する事が出来ます。

しかし、ホームページを作成者が、放送されたテレビ番組の内容をホームページで使用するため複製する場合、これは私的使用の範囲を越えていますから、放送局の許諾を得なくてはなりません。

テレビ番組をホームページで利用する場合、テレビ局が持っているのは単に放送される音及び映像についての複製件にすぎないので、テレビ番組の内容としての著作権等の問題がある場合はそれらの権利者からも許諾を貰う必要があります。

音楽が使用されていれば楽曲の著作権、実演者の著作隣接権、ニュースキャスターの肖像権、タレント等のパブリシティ権、等が問題になり、それらの権利者からの許諾が必要になります。

以上からテレビ番組のワンシーンを利用したのであれば、放送局からのテレビ番組の複製の承諾に加えて権利者全てから承諾が必要です。
現在の所、放送局はテレビ番組について、他の著作権者との問題がありますのでテレビ番組のホームページ上での使用を含めた二次的使用にはまだ対応できていません。

したがってテレビ番組のワンシーンをホームページで利用するのは残念ながら無理と言わざるを得ません。

テレ朝や日テレなどで、テレビ番組の映像素材を多角的に利用させてテレビ局の収入を上げるべき(ライツビジネス----著作権の管理・処理で収益上げるビジネス)「ライツ推進部」を発足させている所もあり、将来は多少のお金はやむなしだがテレビ局の承諾を得てテレビ番組のワンシーンを利用出来るようになるかもしれません。

http://syajyo.tamacc.chuo-u.ac.jp/~kamisa_j/gazo2.html 
(著作権問題解説上記記述のまとめ)

http://www.tv-asahi.co.jp/art/rights/ 
(テレ朝ライツ推進部担当者の著作権に係る記述、テレビ製作の現場から見た著作権法の運用と解説、テレビ制作の裏側を記述。)

http://www.ntvv.co.jp/Media/mediaLights.htm 
(日本テレビ ライツ推進部、二次利用窓口)

『二次利用例』
1・「劇場用映画」利用
2・「放送番組」利用
3・「コマーシャル」利用
4・「産業用ビデオグラム」利用
5・「市販用ビデオグラム」利用
6・「営利目的催事上映」利用
7・「店頭上映・再生利用」利用
8・「同時拡大上映」利用
9・「顧客・乗客サービス用上映・再生」利用
10・「スチール写真」利用
11・「音源」利用

テレビ番組をホームページに掲載その2

【問い合わせ】

日本テレビ放送網株式会社 コンテンツ事業局ライツ事業部内
株式会社日本テレビビデオ 二次利用担当者
TEL 03−5275−4842 FAX 03−5275−4024

先ずはメールで問い合わせが先決です。
e-mail: rights@ntvv.co.jp

註:利用許諾については別途担当者との確認が必要です。

なおテレビ静岡にはライツ推進部はまだ設置されていないようです。

http://www.nn.iij4u.or.jp/~kazz/netiquette/bbs.html
掲示板のネチケットホームページ

以下は上記HPの抜粋です。

☆著作権に抵触する記事は禁止です。

ネット上ではとかく軽視されがちな著作権ですが、著作権の侵害は違法行為であり、犯罪とみなされます。具体的に何が著作権侵害になるかについては、著作権法を取り扱ったHPや書籍で勉強して下さい。

ここでは、掲示板記事でよくありがちなものについてだけ述べます。

CD・DVD・VIDEOなどをダビングします、ダビングして下さいといった記事は、著作権法に違反しています。TVから録画したものにも著作権があるので同様です。この類の書込みは禁止です。

書籍・雑誌・新聞などの記事や、他のHP・掲示板に記載されている記事などを無断で転載することも違法行為です。掲載する場合には、著作権者による事前の許可が必要となります。

歌の歌詞・他人の電子メールの無断掲載も著作権侵害行為にあたります。これも前項同様、事前の許可が必要です。

ネット上における著作権侵害問題では、実際に裁判所で実刑判決が出された事例もあります。

著作権法に触れる記事の書込みは、絶対にしてはいけません。

引用(自分の意見と比較したり、自分の意見を補う目的で他人の著作物を利用すること)をする場合には、かぎカッコをつけるなどして引用部分を明確にした上で、出典・タイトル・著作権の所在などを明示する必要があります。 

以上ネチケットホームページを読んでの結論:掲示板への書込み禁止

繰り返しになりますがTVから録画したものには著作権があるので、この種の書込みは禁止なのは当然です。

ネット上で著作権法に触れる記事の書込みは厳禁という事になります。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ