その他



山の写真その1(丹沢塔ノ岳)

山の写真その2(神楽峰)(置き引き記事)

置き引き

友達三人と三日間、越後の山を登る計画だったが、最終日は朝から天気が思わしくなく止む無く山登りを諦めて温泉に入ってから帰ることにした。越後湯沢駅にほど近い温泉「山の湯」は午前のせいかすいていて、我々以外の入浴者は三人だけであった。脱衣を入れるところは鍵が掛かる形式ではなく、むきだしのボックスである。いつも貴重品は車に置いてくるのに、うっかり持参してしまい、ちょっと危ないなと思いながら衣服を脱いだが、念のためと思い財布の入ったズボンは下にしてその上を下着で覆った。
浴槽は七〜八人が入れる大きさで、規模的にはそれほど大きくはない、湯船と脱衣場の仕切りは素通しのガラスなので、湯に浸かりながら脱衣場の様子がよく見える。我々四人が入ると間もなく二人が出て行った。出かける前から右足を痛めていて、医者から入浴を止められているので、片足を湯船の外に出す変な格好で湯に浸かりながら、三人の談笑には加わらず、見るとはなしに脱衣場の方を向いていた。間もなく先に入っていた六〇歳くらいの髪の長い痩せ型の男が浴室から出ていった。先に出た二人はすでに帰っていて、脱衣場に居るのは一人だけである。湯船を出て体を洗い始めたが、膝を痛めているので足が曲げられない。長く座っているのがつらいので、急いで体を洗い終える。湯船に戻ろうとして何気なく脱衣場を見たら先に出た男の姿が見えない。時間的にはまだ着替えは終わっていないはずである。私の脱衣入れの場所は左端で、そこだけが浴室から死角になっている。そんな事はないと思いながら、用心に越した事もないと思い湯船には入らずに浴室を出た。サッシの引き戸を開けると同時に脱衣入れを見たら明らかに脱いだ状態とは違っていた。財布が入っているズボンのポケットが上になっていて、しかもボタンが外れている。すぐに確認したが財布はなかった。男は向こうを向いて上着を着ている最中である。
「あんた俺の財布を知らないか?」と問い掛けた。
「俺は何も知らない」男は落着いた雰囲気で応え、衣服を着け続けている。
この男が犯人に間違いはないとは思うが、落着いた感じを見せつけられると一抹の不安が残る。
「いいか、今ここには俺とあんたの二人しか居ない。俺の財布が無くなったのははっきりしているんだ、盗ったのはあんた以外にはいないだろう」
「そんな事をいったって知らないものは知らない」と男に慌てた様子はない。
「よし判った、警察を呼んで黒白をつけようじゃないか、今電話をするからそこを動くな!」と、男を大声で怒鳴りつけた。
「Yさん、この男に財布を盗られた、管理人に警察を呼ぶように頼んでくるので見張っていて」とすでに湯船からあがって来ていた友人に頼み、管理人室に向かった。すれ違いに新しい客が一人脱衣場に入ってきた。小さな温泉場である。管理人の部屋までは歩数にして二〇歩ほどでしかない。管理人は頼りなげな六〇歳過ぎの小柄な男性であり、ほかに五〇歳過ぎの女性一人が居る。事情を話して警察を呼ぶように頼んだが、すぐに電話に手を伸ばす風もなく二人からは応答もなかった。居ない間に何か細工をされて逃げられては元も子もないので、急いで戻った。
「今、男が財布を戻してた」
脱衣所に戻ると男を監視していたYさんが言った。早速ズボンを調べたが見当たらない。
「いや、そこじゃなくて衣類の下の方に突っ込んでいましたよ」と後から入ってきた男性客が教えてくれた場所に財布はあった。
「もう観念するんだな、こっちは四人連れだ、逃げようとしても無駄だよ」と犯人に釘をさした。

山の写真その3(平標山)(置き引き記事続き)

 
男は下を向いたまま小さな声で済みませんを繰り返した。
「警察はまだかな?」とYさんが言ったとたんに、Mさんの大声が管理人室から響き渡った。
「何、まだ警察に電話してない?何をやってんだ早くしろ!それがあんたの仕事だろう」
「駄目だ、あれじゃー、びびっている、Aさん、携帯から電話して」と戻ってきたMさんが言った。携帯電話を取り出していると、さすがに気の弱そうな管理人も覚悟を決めたらしく電話に向かい声を出しているのが聞こえた。
一〇分ほどで地元湯沢警察の二人の警官が到着したので男を引き渡す。男は覚悟を決めたのか警官の指示に素直に従っていた。遅れて六日町警察署の刑事二人と警官二人が到着。
「あれは常習犯だ。このところ頻発している盗難の現場にはいつもこの男がいる。以前から逮捕のチャンスを狙っていたが、中々現場が押さえられず苦労していた。今日は協力ありがとうございました」犯人を一目見た刑事の一人が私に告げた。
犯人は持ち物を調べられた後六日町の警察署にパトカーで連行されていった。
「調書作りにご協力願えますか」
「友達三人と来ているので短い時間ならいいですが、三〇分くらいですか?」
「いやもう少し・・・、高速道を走って六日町まで・・・」
「えっ、湯沢から六日町まで行くんですか?」
「いやいや、それなら湯沢近くの派出所でやりますから、二〜三時間くらい・・・」
「ということは、三時間は掛かるということですか?」
「ええ、まあ、何とか早く済ませますから」
自分一人ならいいが三人に迷惑を掛けたくはなかったが、目撃者のYさん、それにMさんAさんも「仕方がない、これは市民の義務である」と言ってくれた。置き引きの現行犯逮捕は警察官でなくてもいい、従がって今回の逮捕者は貴方ですよ、と刑事が私に告げた。湯沢派出所での調書作りは二時間半ほどで終わった。

 「山の湯」温泉の管理人は、犯人とやりとりの最中も警察が到着してからも、一度も部屋から出ることはなかった。応対振りがどうも気に障ったので出る時に言った。
「あんたはこの温泉の管理人だろう、建物内でトラブルが起きたら処置をするなり警察に連絡するなり、率先して対応するのが役目ではないか?管理人室の隅に隠れていたのでは職務逃れではないのか?」
 長い間勤めた役所を定年退職し、この湯の管理人に納まり何のトラブルもなく数年が過ぎた。管理人が出あった始めての大事件である。元来の気の弱さも手伝って気が動転してしまい、どうしたらいいのか判らなかったようである。
「済みません」だけを繰り返す同年輩の管理人の姿に怒りの気持ちも失せてしまった。

 いつものように貴重品を車に置いておけば、犯人も手を出さずに済んだはず、と少し心が痛むが、反面、常習犯であれば今日捕まえた事で今後の被害が少なくなる。どっちがよかったのかは判らないが、自分のせいで犯人が刑に服するのだと思うとあまりいい気持ちはしない。山を下りた後の温泉浴は気持ちがいい、いい気持ちの持続のためにも貴重品の扱いは十分に注意したいものである。

平成十五年四月二五日

山の写真その4(乗鞍岳)

 
5/4(日)は始発バスで乗鞍岳へ

5/4(日)〜5(月)と、友2人と乗鞍岳と富士山滑降に行って参りました。
5/4、自宅を(03:00)出発、中央高速経由、三本滝バス停に(07:30)到着です。
(08:00)発のバスに乗り雪の壁の道を30分程で位ヶ原山荘に到着です。

今日はバス3台で、好天下続々と山頂目指します。
我々は右側から攻め、大斜面を直登、一旦畳平近くの車道に出て(09:44)小休止します。

車道を少し歩き、また左側大雪渓に戻り、肩ノ小屋目指します。

肩ノ小屋で小休止(10:30)し、今日は正面に見える朝日岳との中間地点迄登りここで昼食(11:00)タイムとし、いよいよ(11:30)大雪渓目指し滑降開始です。

これ以上無い好天下、広い斜面を縦横にシュプールを描き、やや右手の竹のポールが10m置きに刺さっている斜面に沿って下ります。
ここを外さないで林間切り開きコースに入るのがポイントです。
ここを外すと左右は谷になっており戻るには登り返しがあり難儀しますので要注意です。

位ヶ原からは、カーブしている道路を巻いて三本滝を目指して林間の切り開きコースを快適に滑ります。
最後の所は崖状の所をステップを切りながら下ります。
最上部のリフト部分からはゲレンデ内を滑りますが、終わりは道路を渡ってリフトの動いているカモシカゲレンデを滑り無事駐車場に(13:00)到着しました。
この乗鞍岳の往復コースはバスを使わないと2時間位余計に時間かかりますがこの林間コースを登るツアーコースを利用すれば簡単に往復日帰りが出来ます。

乗鞍高原温泉には共同浴場(無料)の「せせらぎの湯」があります。コロナ観測所を背にしてわさび沢に降り、せせらぎの辺にひっそりと建っています。

諏訪湖SAで入湯後、事故渋滞で一旦諏訪ICで下線したりと苦労しながら新五合目に(22:30)到着、本日はここで幕営です。

山の写真その5(富士山)

 
5/5(月)は念願の富士山大滑降です。

5/5は4時半起床、朝食、テント撤収後準備し朝6時出発です。
新五合目は標高2400m、山頂が3776mですので標高差1400mです。
無風好天下、(09:41)八合目小屋、(10:53)九合目小屋、(11:50)九合五勺小屋通過です。
大雪渓を直登より鳥居の所から巻き道をした方が無難です。
測候所との中間のお鉢に(13:03)辿り着きます。
測候所の所から滑っている跡はありますがお鉢の縁をトラバース気味にカーブを描いているだけです。
我々はここはスキー板、ザックをデポし最高点(3776m)往復です。

新五合目頂上小屋背後の小山でまず滑り、鳥居のある銀明水でいったんスキーを脱いで少し下り、富士宮大雪渓の上部に着き、(14:00)8合目小屋迄の標高差400mの大滑降をまず楽しみます。なお雪渓の上部は崩れ易いので長居は無用です。

8合目小屋の下大雪渓の最後迄滑って、いったん板を外し右へトラバース、8合目下の雪渓に移動です。この雪渓も雪は十分、思う存分シュプールを刻み(15:30)六合目小屋の上で一旦板を外します。

ここの雪渓は小石、岩などが点在しますが無理をすれば6合目小屋横まで滑ろうと思えば滑れますが無理しないで板を脱ぎトラバースの方が無難です。

ここで再び尾根を越えて新五合目の少し上迄続いている雪渓へ移動して滑ります。
新五合目に続くトラバース雪道で最後はスキーを外しますがこのまま滑り下りると駐車場に戻れなくなるので要注意です。
板を外したら7〜8分で無事、駐車場に(16:30)戻れました。

天母の湯(20:00迄営業)に入湯、食事をし(19:00)出て、富士IC経由、厚木で下線、八王子経由途中友を降ろし、帰宅は(23:30)でした。

山の写真その6(由良川ツボ谷出合)

山の写真その7(浅間嶺ツツジ)

写真その8(鳥海山向けいざ出発)

写真その9(大菩薩嶺丸川荘前で)

山の写真その10(カムエク山頂迄あと一息)

山の写真その11(荒沢岳の難所前グラ直下の垂直の鎖場))

山の写真その12(大峰南奥駈け第6行所金剛多加)

山の写真その13(御巣鷹山の隣りの三百名山「諏訪山」)

写真その14(9/7朝の関越道上り線炎上事故))  

写真その15(9/14(日) (15:30) 好天下榛名富士で三百名山達成。)

写真その16(10/4(土) (10:47) 粉雪舞う木曾御嶽山最高点剣ヶ峰(標高3067m))

写真その17(10/13(土) (08:10) 紅葉まだ3分咲きの毛無山途中の大滝)

写真その18(11/1(土) (13:35) 日本最高所富士山頂剣ヶ峰にて

写真その19(11/14(金) (11:40) 7回目にして初めての日帰り雲取山行

写真その20(11/28(金) (08:30) 富士山下山時の7合目と6合目の間

写真その21(12/13(土) (14:51) 縦走路の最後興因寺山(標高855m)

写真その22(16.1.7(水) (14:50)南米最高峰アコンカグア山頂(6959m)

写真その23(16.1.26(月) (13:00) 長瀞宝登山の蝋梅

写真その24(16.2.24(火) (13:30) 川乗山山頂

写真その25(16.3.21(日) (13:53) 守屋山山頂(1650m)

写真その26(16.4.8(木) 筑波山山腹のカタクリ

写真その27(16.4.30(金) 富士山頂(剣ヶ峰直下)

写真その28(16.5.27(木) 鳥海山山頂(七高山2229m)

写真その29(16.5.30(日) 丸川峠で山荘の親父さんと。

写真その30((16.8.2(月) )1839峰からの帰路)





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ