会員の経営する素敵なお店です。



お茶席と手作り工房のお店の紹介です。


41年卒の五十子ご夫妻(奥様も42年卒OB)が相模原に経営する貸し席「休み石」と42年卒中島ご夫妻が都内の駒場東大前の自宅を改装して経営する和のお店の紹介です。

片や、本格的お茶席を備えた、侘び、寂びに通じたしっとりと落ち着いたお店であリ、もう一方のお店は店内一杯に刺し子、藍染め等の和の作品が所狭しと陳列されたこれまた気持ちの和む、洒落たお店になっております。

会員の皆さまもお近くにお出での節は是非お立ちより下さるようお願い申し上げます。

何はともあれ下記に両店を写真入りでご紹介申し上げます。

相模原の貸し席「休み石」


41年卒の五十子夫妻(奥様も42年卒のOB)が相模原に経営する貸し席「休み石」は広い敷地内に和風の数奇屋造りのお休み処がゆったりとしつられており都会の中とは思えない静かな佇まいをかもしております。

さらにその1角には本格的なお茶席「寿紘庵」がありお茶会等にもよく利用されております。

ちなみに「寿紘庵」とは寿が奥様、紘はご主人のお名前を各1字とって表千家家元に命名して頂いたと聞いております。

貸し席休み石の室内は今風に座ってお手前が頂戴出来るようになっております。

有名な大家の画が飾られております。


室内に飾られてあるのはかなり大きな壁一杯の日本画です。

某大家の画と聞いておりますが百聞は一見にしかず一度是非五十子さんにお願いしてとくと拝見されては如何でしょうか。

場合によっては次回のOB現役交歓会をここの場所で昼間やるという手もあろうかと存じますが如何に?!

内庭の敷石でポーズ。


内庭には数時間前に打ち水された苔が青く映えており幽玄の雰囲気を醸しだしております。

内玄関の格子戸を開けると敷石を踏みながら苔むした内庭を眺めつつ、お茶席&お休み処に歩を運ぶという趣向になっております。

2年振り訪れました。


12年4月9日に山口氏と訪れて以来2年振り、華道会小谷先輩、安井氏と3人して14.2.2(土)午後ここ,休み石を訪ねました。

相変わらず苔に打ち水が施され、幽玄な雰囲気をかもし出す落ち着いた場所でした。

名画をバックに記念撮影


五十子氏から画の由来等拝聴しながら、久し振り歓談しました。

背後の画は高野山のさる寺が所蔵していた襖絵の2枚のうちの1枚とのことです。


お茶席をバックにまた1枚


お茶室はご夫婦のお名前から各1文字とり「寿紘庵」と裏千家より頂戴したと前述しましたが、確かに寺社大工が時間と手間をかけ匠の技をこらした、シンプルながら釘1本使わぬ贅沢な建物です。

すみずみにまで気配りが施された一見の価値のあるお茶室です。
ここで静かに時間の経過を忘れ、お茶をいただき至福の時を過ごせればと思った次第です。

そんなこんなであっという間の2時間でした。
4時過ぎ名残惜しく五十子氏に別れを告げ、ここ休み石を辞した3人でした。

帰り新宿で3人歓談した際の話としては、大人数の例えばOB会等の催しでの利用は無理としても、例えば有志(10〜20名)で近在の桜見物等をした帰りにここを訪れ、会合を持つ等の利用の仕方が出来ればな〜との感想でした。

手作り工房和の輪のご紹介です。


42年卒中島鉄郎氏の夫人淑子さんが長年に渡りぬくもりを求めて集めた和の物が並ぶ手作り工房の店が、この度H14.3.16に自宅を改装、開店しました。

ご夫妻が温かくお出迎え、おもてなしをするそうですので、渋谷にお立ち寄りの節は是非駒場迄足をお運び頂ければ幸いです。

2年弱経過(H16.2.7)時点のご商売の内容は下記の通り。

(1)和雑貨、衣類などの展示販売
(2)営業日     H16年1月より木・金・土の週3日営業となりました。
(3)営業時間   11時から18時(但し、3月迄は17時)
(3)パッチワーク教室
  毎週木(除第3木曜日)、土曜日
  1F手作り工房内
(4)絵手紙教室
  第3木曜日
  1F手作り工房内
(5)タイ古式マッサージ
  毎週木・土曜日(予約制)
  2F ヒーリングルーム内
  
お茶も飲めます。(珈琲、紅茶各300円)

和のお店の順路です。


和の輪の最寄り駅は井の頭線駒場東大前です。線路沿いに渋谷方面に戻り徒歩7分至近距離です。

健脚の方は渋谷から徒歩で15分程度で着きます。

営業日   毎週木・金・土の週3日営業とH16年よりなりました。
営業時間 午前11時〜午後6時 (3月迄は17時)
所在地     目黒区駒場1−1−18 п彦ax  03-3469-6476
Eメール   tetsurou@fd.catv.ne.jp

和の店にお伺いしました。


H14.5.23(木)午後初めて和の店に吉井がお伺いしました。

吉井の自宅武蔵境から吉祥寺乗り換え井の頭線で15分駒場東大前で下車、徒歩7分の住宅街の1角にあります。

洒落た店構え、落ち着いたお店です。
奥様が昔から手がけている刺し子、藍染めの作品が店内に展示、並べられ店の雰囲気を盛り上げております。

中島さんのお宅にお伺いするのはかれこれ20年振りになるでしょうか。

周囲の雰囲気は様変わり大きなマンションが背後に立ち、彼の自宅前から以前は池尻方面見渡せたのに今は前面家に塞がれ見えません。

渋谷迄歩いて行ける場所にある彼のお宅ですから無理もありません。

中島さんの煎れていただいたコーヒーを頂戴し、奥様から作品を説明いただき、拝見しながらのあっと云う間の2時間でした。

刺し子、藍染めについて


私、吉井は素人で刺し子とか藍染めの事はよくわかりませんが作品見ただけでも落ち着いた色柄等拝見すると気分が落ち着きます。

奥様のオリジナル作品も何点か拝見しましたが、中には文字を刺し子にした作品もありそのユニークさが特長です。

今は忙しいのでなかなか生徒さんを教える時間が持てないで2ヶ月経過してしまいましたが、近いうちにお店にコーナー設け教室も開設するとおっしゃっておりました。

中島ご夫妻とのツーショット


オープンした年、H14年6月29日(土)に再度和の輪のお店に行きました。

1ヶ月振りの訪問でした。

オープンしてまだ3ヶ月足らずのお店ですが既に落ち着いた雰囲気を醸し出しておりました。

聞けば聞く程刺し子というのは、手間のかかる手作り作品だと云う事が2回目の訪問で認識出来たた次第です。

3回目はさらに1年後(H15.3.11)でした。

すっかり落ち着いた雰囲気になっておりました。

お店の営業内容に、パッチワーク教室と、絵手紙教室、それとタイ古式マッサージが加わっておりました。

HP管理者が1年前からお願いながら、順延となっていた引き出物(HP管理者がH16年2月7日(土)に予定の感謝の宴の席に配布予定。)のランチョンマット1組2枚セットについての打ち合せの為に訪問しました。

個数(90〜100セット)が多い為、早めの打ち合せとなった訳です。

なお余談すが前述のお教室(パッチワーク)の生徒さんに私の山仲間の義妹がいらっしゃるとお聞きし、世の中狭いものと思った次第です。

その山仲間とは昨年キリマンジャロに一緒に登っておりますがお教室でその話となり、私は中島ご夫妻に事前にそのお話をしておりましたので共通点が見つかったという次第です。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ