現役の現況&昨年の三田祭&草月展



華道会の現況について


(1)H15.12.8に下條君より挨拶(以下抜粋)がありました。

華道会代表の下條です。

このたび、華道会は三田祭を無事終え、新幹部に役職の引き継ぎを行うこととなりました。

これにともない、私下條は2001年4月以来、3年弱務めた代表を辞し、サークルを後輩に託すこととなりました。

新体制の幹部は以下のとおりです。

代表 川崎(2年)
副代表 武藤(2年)
会計 野川(1年)

新代表の川崎からは近日中にご挨拶の連絡がいくと思います、新代表、新幹部をどうぞよろしくお願いします。

代表の職務についても本日引き継ぎを完了いたしました。

代表に就任した当初はほとんど部員もおらず、華道会は存亡の危機を迎えておりましたが、幸運にも徐々に部員も増加し、どうにか一番危ない時期は乗り切れたのではないかと自負しております。

部員数の少なさもあって、OB会のお手伝いもあまりできなかったことも大変申し訳なく思っております。

今にして思えば、代表として無事にサークルを存続させることはできましたが、それを踏み台にして、さらにサークルを活性化させる手立てには欠けていたように思います。

この課題は次期代表に託したいと思います。

新体制の華道会に期待したいと思います。

最後になりましたが、長きにわたってのご指導、ご鞭撻ありがとうございました。

今後とも、川崎をはじめとする新体制の華道会をよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

(2)H15.12.10に新代表川崎さんより次の挨拶(以下抜粋)がありました。

三田祭も無事終了し、この度役職交代を致しましたのでご連絡申し上げます。

私、この度慶應義塾大学華道会の代表に就任致しました川崎です。

至らないところも多々あると思いますが、一生懸命努めさせて頂く所存でございます。

どうぞご指導、御鞭撻のほどお願い申し上げます。                                         
現役会員(全9名)の名簿を共にお送り致します。

代表  文学部2年 英米文学専攻 川崎早也香
副代表 文学部2年 社会学専攻 武藤しずか
会計  文学部1年 野川真奈美会員  

文学部4年 日本史学専攻 花井貴子
文学部4年 民俗考古学専攻 土屋里子
文学部3年 日本史学専攻 下條和泉
法学部3年 政治学科 為村由羽紀
法学部3年 政治学科 原田映里奈
文学部2年 英米文学専攻 水口剛志
  

昨年(H16)の三田祭準備風景


11/19(金)にたまたま塾に出向いたので現役の会場設営風景を拝見しました。

11/27(土)のOB・現役交歓会の為に配る慶應グッズを購入に生協に出向いたのでその帰りに寄った次第です。

現役3年生の女性代表川崎さんや副代表武藤さんが一生懸命頑張って設営しておりました。

昨年(H16)三田祭華展受付の二人


11/22(月)、江戸散策第4回目の途中、三田祭の会場に寄りました。

華道展は121番教室で開催されておりました。

受付に3年生の現役の2人(水口剛志君と森谷美紀子さん)が居りました。

今回の展示作品は3年生が5点、1年生が1点、韓国の留学生が1点の計7点でした。

昨年(H16年)の三田祭華道展写真その1


代表(3年生)川崎早也香さんの作品です。
花材はトクサ、プロティア、ユーカリ、キンギョソウです。



昨年(H16年)の三田祭華道展写真その2


副代表(3年生)武藤しずかさんの作品です。
花材は菊、ぼけです。



昨年(H16年)の三田祭華道展写真その3


3年生水口剛志さんの作品、自由型です。



今年(H16年)の三田祭華道展写真その4


3年生森谷美紀子さんの作品です。
花材はアンスリウム、ドラゴン竜、ミリオングラスです。



昨年(H16年)の三田祭華道展写真その5


3年生青山和華子さんの作品です。
花材はピンポン菊、紫もどき、ツツジです。



昨年(H16年)の三田祭華道展写真その6


1年生谷口秀平さんの作品です。
花材はガーべラ、ユーカリです。



昨年(H16年)の三田祭華道展写真その7


韓国からの留学生「崔鎔佑(チェヨンウ)の基本立真型の作品です。
花材は鶏頭です。



師範が参加の「よみがえる樹々のいのち展」


16.11.3(水) 午後ふれあい広場のレストラン前に鎮座の、徳安師範が参加している岩田Gの作品「風」です。

国営昭和記念公園 草月野外インスタレーションで、(H16.10.26(火)〜11.20(土))「第8回 よみがえる樹々」が開催されました。

徳安師範は岩田グループのテーマ「風」で製作に参加しております。

広い園内の西立川口に近い★水鳥の池ゾーンに12グループ作品が点在、立川口に近い★ふれあいゾーンに岩田グループを含む15グループ作品が点在しておりました。

立川近くに住んでおりながら今迄訪れた事がない為、奥の日本庭園やコスモス園迄足を延ばし写真を撮って帰宅した次第です。

高橋師範昨年(H16)の草月展展示作品です。 


第86回草月いけばな展がH16.11.11(木)〜16(火)迄開催でした。

私は高橋星章先生と徳安師範が出展している後期(11.14(日)〜16(火))に見に行きました。

相変わらず高島屋品橋8階の特設会場は人人の熱気で溢れ返っておりました。

両先生の作品拝見するのは2年振りです。

高橋先生の作品は感じが2年前とイメージが似ています。

木の太い枝をうまく組み合わせモニュメント風にし、そこに西洋風の花をあしらった洋風な作品で今風の会場によくマッチしておりました。

徳安師範昨年(H16)の草月展展示作品です。


徳安師範の昨年の作品もユニークで他の出展者を圧しております。

2年前の作品も想像たくましくさせるに十分すぎる程にユニークな作品でした。

14年9月に私が登頂したキリマンジャロ山頂の氷河を思わせるような綿を使った白い作品でした。

今回も粘土質の小山に赤い沢が流れるというような抽象的な思いを抱かせるに十分な作品の出来栄えでした。

徳安師範の言です。

毎年独断と偏見のレベルが高い作品お出展し続けたせいで??、今年度はとうとう左遷され(、出口付近に出展します。(※他の方々は、左遷されたわけではありませんので、・・・・・)

徳安先生一流のジョークですが、確かに他の出展者とは全然違う作風は間違いありません。

草月会の若きカリスマ、假屋崎省吾先生は今回は出展しておりませんでした。多分今三越で出展しているせいでしょうか。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ