過去のOB会(OB会、還暦会、偲ぶ会)と現役行事


44周年OB交歓会について


44周年OB・現役交歓会はH12年12月2日(土)夜三田塾構内北新館「ザ・カフェテリア」を初めて使い開催されました。

当日は上記写真にある通り、H14年11月2日にご逝去の第2代会長であられた佐々木一雄先生もその時はお元気にご出席頂きご挨拶も頂戴しました。
集まったメンバーは次に述べますが、佐々木先生を始めとしてOB・現役総勢50数名が参集、親しく歓談しました。

卒業年次毎の近況報告やら慶應グッズ抽選会やら大いに盛り上がり夜8時半過ぎに名残惜しく2年後の再会を約し散会しました。

44周年OB会の出席メンバーについて


出席人数は佐々木名誉会長、高橋顧問、OB46名、現役5名の計53名でした。

以下列記すると次の通り(敬称略、年は卒業年次)

佐々木一雄名誉会長、高橋星章顧問、33年7名(小谷堅司郎、小林順之助、斉藤登、水原正一郎、八木忠一郎、田中斉、山本隆一)、34年1名(英義道)、35年2名(小谷美穂子、近藤桂子)、36年1名(矢野千鶴子)、37年2名(吉沢嘉子、松岡茂)、38年2名(伊藤輝夫、新藤捷)、39年2名(紅谷常弘、米山節子)、41年1名(吉井秀男)、42年4名(吉住淳、稲月充子、黒木幸子、斉藤洋子)、43年2名(山口勝征、萩原桂一)、44年1名(石澤彰文)、45年1名(安井壬久)、46年1名(島田祐亨)、47年1名(川村勝司)、48年1名(宮入暁子)、50年1名(田中純一)、51年1名(佐藤留美)、58年3名(徳安久是、島本久美子、久保田靖)、61年1名(小林幹弘)、7年1名(鈴木ひかる)、9年4名(稲垣俊之、丸山裕美、河合淳子、粟飯原慎治)、10年5名(木村亮一、松永麻也子、小淵しずか、古市世紀子、宮下卓也)、11年1名(高梨裕美)、現役5名(藤平貴久、荻原一昌、三村健太郎、鈴木雅代、下条和泉)

なお欠席協賛者は下記の通り(54名)です。
33/経 高橋龍男、33/経 牛込雅子、34/経 鳴本幸資、34/文 藤沢(今村)充子(その後逝去)、34/経 高嶋功、34/文 石井孔子、34/経 下野(安藤)梢、34/林(磯村)行雄、35/文 熊田(田中)延枝、36/商 小黒良雄、37/法 西正三、37/経 吉沢(木全)嘉子、38/政 新藤捷、38/文 林(朝比奈)由紀、38/商 成田敏、39/文 吉富俊彦、39/法 足立(利光)久江、40/文 山田(中村)和子、40/経 酒井善浩、40/法 安藤賢治、41/経 荒木正茂、41/経 伊藤(野崎)邦子、41/法 原田久雄、41/政 滝山明子、41/法 黒木幸子、41/文 斉藤(川崎)洋子、41/法 稲月(古山)充子、41/文 中野(粟根)かほる、43/医 白幡聡、43/政 北川建男、44/商 牧岡郁夫、45/文 室田(松原)みち子、45/文 根本(吉田)安枝、45/文 平田(岡本)幸子、46/文 鈴木(森)美知代、47/文 今中(藤沢)都志子、48/文 宮入暁子、49/文 下河辺(伴)文子、49/文 岡田(金谷)満佐子、49/文 鏡山雅子、50/政 西澤直衛、52/文 伊奈(山本)亜希子、52/法 中野喜晴、56/文 平田(勝又)由美、57/文 石田(仲丸)優子、58/文 島本(北村)久美子、60/文 岡(篠田)実千代、60/政 永井(高橋)あゆみ、61/理 佐藤恵理子、63/文 木村良彦、63/文田口(小久保)育恵、H/3経 山崎正浩、H7/文 内藤紀子、H8/商 佐々木宏

盛大に開催の40周年交歓会について


上記は40周年記念交歓会が開催(H8.11.23)された翌年5月の三田評論に掲載された記事です。

内容を記述すると次の通り。
昨年秋、11月23日、銀座クルーズ・クルーズにて会創立40周年記念祝賀会を開催。
当会は初代会長故横部得三郎教授、2代目会長佐々木一雄教授、3代目三浦冨美子教授、現会長津田昌子教授のご指導のもと、各年度の会員達が会を愛し、社中協力の心を大切にして受け継ぎ伝えて今日を迎えることが出来ました。
当日の式には、塾から太田道夫塾員課長が、40年間ご指導くださった会の顧問、坂手草月流師範への塾からの感謝状をお持ちになり出席された。
またOB会からも、歴代会長と顧問に感謝状と記念品を贈った。
現役、OB共々楽しく語り合い、塾の歩みに合わせて華道会を50年・100年と続けようと皆で誓いあい、再会を楽しみにして盛会裡にお開きとなった。
なお、参加者と欠席協賛者の協力金の一部を40周年記念として塾に寄附させていただいた。
当日の出席者と欠席協賛者の氏名は次の通り。

40周年記念祝賀会の出席者


当日の出席者氏名は下記の通り。(敬称略 年は卒業年次)

(来賓)
慶應義塾太田道夫、名湯会長佐々木一雄、会長津田昌

(OB出席者)
33年10名(小谷堅司郎、入交俊輔、大辻勝義、小林順之助、斉藤登、福村康蔵、水原正一郎、八木忠一郎、田中斉、山本隆一)、34年2名(菅沼利太郎、英義道)、35年4名(小谷美穂子、近藤桂子、能勢淳子、宮崎佳子)、36年4名(清水康志、菅安弘、矢野千鶴子、東田全義)、37年2名(吉沢嘉子、松岡茂)、38年2名(伊藤輝夫、川西弘子)、39年4名(尾碕武道、入江麗子、有田富子、米山節子)、40年1名(吉村順子)、41年5名(黒川千重子、土田裕子、平野素、山田良子、吉井秀男)、42年4名(小野正子、斉藤洋子、近沢和子、吉住淳)、43年3名(古作信子、山口勝征、萩原桂一)、44年6名(石沢彰文、合原知子、村上三江子、渡部ますみ、牧岡郁夫、相原真理子)、45年1名(安井壬久)、46年4名(並松省三、島田祐亨、鈴木弘、鈴木昇)、47年3名(川村勝司、松村正之、秋元ひろ子)、49年1名(大門彰雄)、50年3名(酒井裕子、渡辺浩子、田中純一)、51年1名(佐藤留美)、55年1名(中村雅人)、56年1名(寺島健彦)、57年1名(新納恵子)、58年2名(久保田靖、徳安久是)、59年1名(竹元浩久)、60年1名(信原芳樹)、61年2名(小林幹弘、比気恭子)、63年4名(斉藤由紀子、山下陽子、調所尚子、南安子)、H1年(赤塚達子)、H2年1名(平野美織)、H6年5名(山田美和、柳下百合、石井留美、水沢祐美子、高橋桂子)、H7年2名(岡野純司、鈴木ひかる)、H8年3名(岡直子、加藤孝子、淺川南子)

(現役出席者)
4年6名(稲垣俊之、丸山裕美、粟飯原慎治、河合淳子、竹花直子、佐藤紀之)、3年6名(木村亮一、小淵しずか、小峯明子、別所映理子、古市世紀子、服部容子)、2年5名(秋友大我、高梨裕美、三崎真穂子、大塚京、宗安博之)、1年2名(本多孝弘、野間口太郎)

以上 OB85名、現役19名、来賓3名  計107名
 
当日は主役の坂手先生が体調不良で参加出来ずで先生に久し振りお会い出来るものと期待して集まったOBの皆様方ががっかりされた記憶があります。

先生が会の翌年12月10日に突然ご他界されたのには吃驚すると同時に華道会そのものが先生に全面的に依存していた為、今後の事を考え皆どうなる事かと暗然とした記憶があります。

幸い指導体制は現在、58年卒のOB徳安師範の下、つつがなく坂手先生のご遺志が受け継がれ、続いている事は喜ばしい限りです。

40周年祝賀会で津田会長に花束


上記写真はHP管理者がOBを代表してその時の華道会会長の津田昌教授に花束を贈呈している所です。


当日は主役の坂手先生が体調不良で参加出来ずで先生に久し振りお会い出来るものと期待して集まったOBの皆様方ががっかりされた記憶があります。

先生が会の翌年12月10日に突然ご他界されたのには吃驚すると同時に華道会そのものが先生に全面的に依存していた為、今後の事を考え皆どうなる事かと暗然とした記憶があります。

幸い指導体制は現在、58年卒のOB徳安師範の下、つつがなく坂手先生のご遺志が受け継がれ、続いている事は喜ばしい限りです。

塾主催「世紀送迎会」に現役が飾り付け請け負う。


左上の写真は大教室の大盛り花出展です。

真上の写真はその大教室での義塾教授対談です。

H12.12.31に三田塾内で「世紀送迎会」が開催されました。

場所は3大ビッグイベント会場として北新館ホール、511番教室、大教室の2個所でした。

そこに華道会が塾の要請で花飾りつけを請け負った訳です。

イベントの内容は @橋本龍太郎と竹中平蔵の対談(北新館) A陸の王者 野球部・ラクビー部交歓会(511番教室) B高橋潤二郎教授を座長としての義塾教授対談(大教室)でした。

義塾側には、サークルの華道会でお引き受けしたい旨打診して了承され、高橋先生、岳獅先生にも応援ご指導頂き無事、出展、好評を博し、現役一同大いに自信がついたものです。

塾からは徳安師範宛てに感謝状もいただきだき大成功でした。

北新館ホール。


左上は北新館ホールの飾りつけです。

真上は大盛況であった北新館ホールでの橋本龍太郎と竹中平蔵の対談風景です。

511番・教室


左上は511番教室の飾りつけです。

真上はミレニアムの年に共に大学日本一に輝いた野球部とラクビー部の交歓風景です。

第1回還暦の会開催です。


自称第2期黄金時代(S37年から10年間)の第1回目として40年卒の酒井善浩さんと小尾瑛さんの還暦の会を昨年(H14.3.15(金))催しました。

場所は東京駅北口から至近距離にある東京海上火災ビルの1階にあるサントリー直営店の「響」で3月15日(金)夜6時半から行いました。


10名がお祝いに駆けつけました。


メンバーは酒井、小尾の主賓の他は幹事の吉井、滝山、吉住、黒木、山口、古作、伊藤(真)、松村、川村、徳安の10名(敬称略、卒業年次順)でした。(今回が初めての企画でしたので呼びかけは40年卒以降の有志としました。)

滝山さんから両名に赤の長袖ポロシャツを、黒木、古作に両名からお二方に花束がそれぞれ贈呈され和気藹々と過ごした3時間でした。

次の年以降もこれから順次迎える還暦組をだしに飲もうではないかと衆議一決した次第です。

第2回還暦の会開催です。

 
15.3.7(金) 第2回目の還暦の会の当事者はHP管理者の41年卒吉井でした。

2月8日が60歳の誕生日でした。

43年卒の山口勝征氏の音頭取りで、1ヶ月後の3月7日(金)に東京駅八重洲地下街の割烹「初藤」で還暦会が催されました。

メンバーは主賓の吉井の他、酒井、小尾、吉住、黒木(旧姓福良)、斉藤(旧姓川崎)、山口、萩原、古作、正村、相原(旧姓枝松)、村上(旧姓西脇)、渡部(旧姓池)、安井、島田、鈴木(弘)、徳安の計17名(敬称略、卒業年次順)が集いました。

18時半から開催され久し振り集った17名が楽しく歓談した2時間でした。

お祝いのチョッキと帽子をかぶりご機嫌の吉井です。


皆から記念の山用の赤いチョッキと同じく赤い帽子を頂戴しました。

上記写真は当日ご出席の美女軍団6名に囲まれいつも山頂で行う得意のピースポーズでご機嫌な当日主賓の「吉井」でした。

43年卒山口君を偲ぶ会

↑17.1.15(土)夕方から東京駅地下街割烹「初藤八重洲店」で開催の山口勝征君を偲ぶ会の風景です。陰膳の形で席を設け、写真(昨年2/7にHP管理者私的祝いの宴の時の司会風景の1ショットを撮影・拡大したもの。)を飾りました。

昨年11月に山口勝征君(S43年法卒)が突然逝去、内輪で葬儀は済まされたそうです。

ご逝去のお話は山口君奥様から私限りとしてお話賜っている事情があります。
従いまして、本文を見ての、お宅にお電話、お手紙出状してのお悔やみ、お問い合わせ等は一切厳禁でお願いします。

本来私HP管理者が幹事で行う事になっていた彼の還暦の会(今年1月15日(土))ががまさか,偲ぶ会に振り替わるとは思いもよりませんでした。

以上の背景を踏まえて 「山口君を偲ぶ会」を下記要領で行った次第です。

山口君もまさか、最近韓流にはまってつい最近渡韓迄している後輩のMさんから当日「ヨン様」と比較されての惜しまれ方には、草葉の陰で苦笑いしている事でしょう。

皆様ご承知のように山口君はOB会の為に格段の尽力を発揮された方です。

ここに謹んでお悔やみ申し上げる次第です。     合掌

                記
1.日時  H17年1月15日(土)午後5時〜
2.場所  東京駅八重洲地下街メインアベニュー奥案内所隣り「初藤八重洲店」 03-3275-1676
3.出席者(敬称略)
33年卒小谷、35年卒小谷(美穂子)、40年卒酒井、40年卒小尾、41年卒滝山、41年卒吉井、42年卒黒木、42年卒斉藤、42年卒稲月、42年卒吉住、43年卒萩原、43年卒松原、44年卒相原、44年卒村上、44年卒渡部、45年卒安井、46年卒島田、46年卒鈴木、47年卒川村、47年卒松村、58年卒徳安以上21名

彼を偲んで献杯!!

↑冒頭、42年卒の吉住氏の発声で彼を偲んで献杯をしている所です。

今回集まった21名の中で年次も近く1年先輩の吉住氏が発声で。山口君を偲んで献杯をしました。

山口君と吉住氏は同じ会社で何年間か苦楽を共にした仲ですので、吉住氏としては万感に迫るものがあったと思います。

偲ぶ会参加メンバーによる集合写真


山口君の写真を掲げての参加メンバーによる集合写真でした。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ