48周年交歓会報告&50周年準備(記念誌発刊)



48周年OB・現役交歓会無事終わりました。

↑上記写真は津田名誉会長によるご挨拶です。左は今回の司会の45年卒安井さんです。

2年振りのOB・現役交歓会でした。

今回は残念ながら参加者が少なく総勢22名でした。内訳はご来賓の名誉会長津田先生、小谷幹事長を始めとするOB有志15名、それと三年生を中心とする現役6名です。

三田祭(11/20〜23)が終わって1週間後の11/27(土)、前回(46周年)、前々回(44周年)に引き続き、すっかり紅葉風景真っ盛りの三田塾構内のザ・カフェテリアに集合です。

午後5時から受付開始、予定通り5時半開演です。

司会は45年卒の安井さんにお願いしました。

今回は全体の人数が少ない中、現役の会員6名(うち女性会員が5名)と華やかな雰囲気に包まれていて幸いでした。

40周年行事(銀座クルーズ&クルーズ)以来8年振りの津田先生のご挨拶、小谷幹事長のご挨拶と続き、36年卒の菅さんのご発声による乾杯の音頭で一気に盛り上がります。

58年卒の徳安師範が現役6名の紹介です。

今回はOBの人数が少ないので全員近況報告です。若い年次から順に2〜3分ずつ挨拶でした。

今回は結構料理潤沢にあります。歓談が進み、慶應グッズの抽選が終わってから、エールの交換です。

わざわざ岐阜から駆けつけて呉れた44年卒の正村さんの指揮で、若き血斉唱後エールの交換で忘れていた学生時代を思い出した次第です。

最後、全員で記念写真、〆として今回のOB交歓会の事務局を代表して41年卒の吉井(筆者)が、2年後の50周年行事の構想等お話してお開きになりました。

その後、場所を慶應仲通り真中の、建築会館半地下のニュートーキョーに場所を移して、OB11名、現役2名の計13名で10時近く迄盛り上がり、2年後の再会を誓い、名残惜しく散会しました。

48周年OB・現役交歓会参加者です。

 
上記写真は、48周年交歓会の最後に映した集合写真です。

後列左から45年卒安井さん、47年卒松村さん、33年卒小林さん、44年卒正村さん、53年卒児玉さん、33年卒田中さん、37年卒吉沢さん、33年卒斎藤さん、36年卒菅さん、35年卒小谷(美穂子)さん、H11年卒三崎さん、41年卒吉井です。
前列左から42年卒黒木さん、58年卒徳安さん、現役3年水口さん、33年卒小谷さん、現役4年為村さん、津田名誉会長、現役3年(代表)川崎さん、現役3年(副代表)武藤さん、現役3年青山さん、現役3年(留学生)チェヨンウさんです。

今回は残念ながら不参加ですが、ご寄付頂戴したのは16.11.30現在82名の223千円でした。

有難う存じました。年明けにでも新しい名簿ご送付とともに、収支報告書ご案内申し上げる次第です。

前回(2年前)から48周年交歓会終了後(16.12.27)迄の収支報告

前回2年前の46周年交歓会が終了したし、一段落した(監査承認)時点での差し引き残高は429,218円でした。

今回はこの時点から16.12.27(監査承認)時点迄の報告になります。

収入

繰越金額429,218円+48周年諸費(寄付)振込(86名)196,000円+OB会会費(20名)120,000円+会当日寄付(2名)40,000円=785,218円

支出

(1)準備会(4回開催)&48周年案内関係
通信費101,266円+コピー代5,600円=106,866円

(2)48周年OB・現役交歓会関連
慶應グッズ22,113円+当日パーティ−代125,210円+写真代13,024円=160,347円

(3)名簿印刷費用=34,000円

(4)諸費送金(受取人負担)手数料=5,990円

支出合計=(1)+(2)+(3)=307,203円

差し引き収支残高

収入-支出=785,218円-30,7203円=478,015円

ちなみに11/27(土)48周年パーティーの直接収支内訳は次の通り(会費8,000円、現役6名は招待)

入金(会費・寄付)160,000円-支出160,347円(前述支出欄(2)の金額)=▲347円


48周年交歓会&50周年準備に係る4回の打ち合わせ。(いずれもニュートーキョー庄屋三田店で開催)

↑上記写真は36年卒菅さんご発声による乾杯の音頭で皆さん杯を掲げている瞬間です。

第1回打合(H16.1.28(水))
 
内容
(1)48周年交歓会開催日時・場所  
11/27(土)PM17:30〜20:00、三田北館学生食堂奥・ザ・カフェテリア

(3)交歓会の内容について  
慶應グッズの提供(提供の仕方は要検討)は引き続き実施、パソコン・プ ロジェクター使用によるスライド映写はせず、2時間の歓談を中心にさらっと進行する。

(4)50周年行事のイメージ提供 
ア.記念誌に代わりDVDに記念の内容を落とし込み配布はどうか。
(理由 :記念誌作成作業膨大でかつ作成費用も嵩む為。)
イ.花に係るモニュメントを制作して写真に残し、交歓会イベント当日に飾れないか。  
等々

第2回打合(H16.4.21(水)) 

内容
(1)交歓会費用について・前回と同じくOB会員8000円、現役は招待とする。 なお、本日塾学生課に  11/27(土)(17:30〜20:00)のザ・カフェテリア正式使用申込みをした後、 カフェテリアの責任者(山下店長兼料理長)と打合わせを行いました。 
前回(45名225千円)と同じく税込みで1人当り料理4000円、ビール1000円の予算でお願いしたい旨打合せしました。
・ 次に交歓会欠席者に対する諸費(寄付)の依頼についても前回と同じく1口1000円でお願いする事とする。

(2)会の式次第について・ 前回のプロジェクター使っての懐かしい写真映写は今回行わず、歓談中心のシンプルスタイルにする。(司会は前回に続き山口氏に依頼。)
・ 好評の慶應グッズ抽選は今回も採用する。

(3)来賓の範囲
・ 宮下先生がフランス留学期間中であるが後任はお願いすないで済みそうなので、後は今回も岳獅先生と高橋先生にご招待状で出席お願いする事とする。

第3回打合(H16.9.8(水))

内容
(1)11/27(土)会当日迄のスケジュール確認

・ 案内状に50周年記念イベントイメージアイデアアンケート明記
・ 案内状に会の現在行方不明の会のフラッグ(旗)所在確認要請明記
・ 次回の最終第4回打合せは11/5(金)とする。

(2)50周年記念行事、イベントイメージの刷り合わせ

・ 50周年の歩み的な記念誌は策定で意見の一致を見る。
アナログ(本)か、デジタル(CD)か、であるがアナログが大勢占める。
この場合、年明けに、プロジェクトチーム結成の要ある事で認識一致です。
・ 11/27の交歓会当日に出席者から意見聴取後、翌年正月明けの反省会の席上、集約し、イベントイメージを決定、会員各位に報告する事とする。

(3)名簿の整備
・ 不明者の卒業年次学部・氏名を列記、塾監局にOBが直接出向き、リスト突合を要請する事とする。(前月より閲覧禁止になった由。)

第4回打合(1.6.11.5(金)

内容
・出席者が少ない為今回は立食はやめてテーブル・椅子席での交歓会にする。(慶応グッズは提供)

・2年後に迎える50周年以後は5年毎に開催の案が出された。

・50周年の開催場所として新装オープンになった銀座「交詢社」ではどうかとの提案。

・50周年記念企画に係るアンケートから判断、記念企画は記念誌発刊に落ち着きそう。

但し、あまり費用をかけない(写真挿入なし)体裁にした方が48周年行事におけるOBの盛り上がりに欠ける現状からして得策との意見が大勢を占めた。
したがって写真につきましては別にCDに収録して渡すのが費用がかからず無難。

なお、吉沢さんから、幹事会メンバーに松岡さんに加わって貰うよう提案あり了承。

50周年記念誌原稿応募状況!! 

本文76頁(1人2頁)とし、38名に執筆要請、1400字(原稿用紙400字詰め3枚半)の依頼です。

H18年4月現在の状況は下記の通り。(年次順、敬称略)

昭和33年卒  小谷 堅司郎(受領済)(50周年を迎えて)

昭和33年卒    齋藤  登(受領済)(華道会の思い出(REVISED)

昭和33年卒  入交 俊輔(受領済)(華道会創部の頃)

昭和34年卒  栗原 光一(受領済)(華道会創設の経緯)

昭和34年卒   菅沼 利太郎(受領済)(華道会の思い出)

昭和34年卒  英   義道 (受領済)(五十年目ぶりの稽古事)

昭和35年卒   小谷美穂子(受領済)(華道会五十周年誠におめでとうございます)

昭和35年卒  能勢  淳子(受領済)(華道会創立五十周年おめでとうございます)

昭和35年卒   近藤  桂子(受領済)(華道会(あれはどうなったのかしら・・・・)

昭和36年卒  東田 全義  (受領済)(華道会初代会長横部先生とお酒)

昭和36年卒  菅 安弘 (受領済) (甘い誘いも、時には・・・)

昭和36年卒  矢野 千鶴子 (受領済)(華の縁)

昭和38年卒  伊藤 輝夫 (受領済)(華道会の思い出))

昭和40年卒  衛藤  栄津子 (受領済)(思い出すままに)

昭和40年卒  酒井 善浩 (受領済)(男たちの友情は永遠なり)

昭和41年卒  白幡   聡(受領済)(ボツになった作品(昭和37年入学〜昭和43年卒業)2年間大学に長居しました。)

昭和41年卒  吉井  秀男 (受領済)(坂手先生との北軽井沢・照月湖の思い出)

昭和41年卒  黒川 千重子 (受領済)(坂手先生が今もご存命でいらしたら)

昭和41年卒  土田 裕子 (受領済)(華道会に感謝)

昭和42年卒  吉住   淳 (受領済)(What is "TAMANEGI-NO-KAI")

昭和44年卒  正村  和夫 (受領済)(愉快な出会いの四年間)

昭和44年卒  相原 真理子 (受領済)(みんなで行けば)

昭和45年卒  安井  壬久 (受領済)(華道会との出会い)

昭和46年卒  鈴木    弘(受領済)(趣味は庭仕事です)

昭和47年卒  川村 勝司(受領済)(華道会50周年を迎えて)

昭和51年卒  佐藤  留美(受領済)(一緒に活動した仲間の事)

昭和53年卒   児玉 雅裕(受領済)(華道会の思い出)

昭和58年卒  徳安  久是 (受領済)(思い出)

昭和58年卒  島本  久美子 (受領済)(坂手先生に教えていただいたこと)

昭和59年卒  竹元  浩久 (受領済)(華道会の思い出)

昭和61年卒    信原  芳樹 (受領済)(花の東京-先生、先輩との思い出 )

平成元年卒   山本    悟 (受領済)(坂手先生の思い出)

平成9年卒   稲垣   俊之(受領済)(慶應華道会の思い出 〜Ten years ago〜)

平成11年卒   秋友  大我 (受領済)(坂手先生のテレビ出演について)
                                  以上34名です。

現役の代表からは既に受領済です。

宮下会長から1/中旬に原稿(華道会創立五十周年おめでとうございます)頂戴しました。

津田名誉会長からも既に原稿(坂手星柯先生のこと)頂戴しました。

三浦名誉会長からも原稿(慶應義塾大学華道会五十周年)頂戴しました。

従いまして必要原稿38が揃い安堵です。

Eメールアドレス  DQE03045@nifty.ne.jp   吉井秀男宛

50周年記念誌発刊第1回打合せ会

50周年記念誌発刊に係る第1回打合せ会を6/23(木)夕方から開催しました。

場所は慶應仲通りのほぼ中間の建築会館外階段下りた地下にあるお店、ニュートーキョー庄屋三田店です。

本日集まったメンバーは7名(S33年卒小谷幹事長、S36年卒菅安弘氏、S37年卒松岡茂氏、S37年卒吉沢嘉子さん、S41年卒吉井秀男、S45年卒安井壬久氏、S46年卒鈴木弘氏)でした。

飛び入りで参加のS46年卒の鈴木弘氏が耳寄りな情報持参でした。

即ち、彼が関係する出版会社が見積もり提示して呉れたのです。前提がA5版本文100頁(入力有り・お客様校正3回)、表紙;レザック66・215kg、本文;クリームキンマリ・46.5kg、製本;並製本・クルミ・見返し付、搬入;都内1箇所で見積もりを出して呉れたのです。

100冊@3510で351000円(382000円)、200冊@1830で366000円(433000円)、300冊@1240円で372000円(483000円)、400冊@965で386000円(532000円)、500冊@798で399000円(572000円)と私が昨日地元の出版やで見積もりさせた値段(( )内数字がそれ)より格段に安かったのです。

衆議一決で鈴木氏の会社に頼む事に決めました。

それとこれはこれからの相談(具体的には7/11(月)河口湖CCで開催の第16回たまねぎの会親睦ゴルフ会にS44年卒の正村和夫氏が参加しますのでその時に相談します。)ですが、岐阜市在の彼正村氏が経営の会社(叶ウ村(老舗の紙問屋))に本記念誌の表紙に美濃紙使いたく、廉価での提供方出来ないか依頼する(OKの場合は、記念誌にその旨明示して。)事にしました。

・記念誌のネーミング;主題;慶應大学華道会、副題;創部50年記念誌

・分担;小谷幹事長に名誉会長、会長、顧問の計4名に対して寄稿方要請して貰う事にする。(原稿用紙4枚程度で。)、華道師範、現役代表に対しては徳安師範から依頼方お願いする事にしました。

・S45年卒の安井壬久氏から電話連絡で、(45〜48)、(49〜52)、(53〜56)、(57〜60)、(61〜1)、(2〜5)、(6〜9)、(10〜13)、(14〜17)の年代の代表に働きかけ、次回打合せ(9/28(水)で鈴木弘氏関係の印刷会社事務所(新橋の三栄印刷---夕方より)に来場して貰う事にしました。

・HPの写真とか卒業の時のアルバムに掲載の各年代の集合写真を記念誌に組み込む事にしました。---卒業アルバム委員会と連絡つきメディアセンターで華道会卒業時集合写真各年次分コピー出来る目処がつきました。

・次回打合せの席上鈴木氏につか見本(たば)(例えば、本文100頁、奥付(編集後記)、最初頁、写真部10頁、年代誌4年毎12ブロック5頁、等のイメージで)提示して貰う事にした。----9/7(17:00)に三栄印刷で鈴木(弘)・吉井・三栄営業部員と3人で打ち合わせする事にしました。

・華道会年代誌に合わせて大学の年代誌を対比させる事にした。(別途、吉井が塾広報から入手済みの塾年代誌を分類整理する予定。)

50周年記念誌に係る下打合せ会(17.9.7(水))

9/7(水)は生憎大型台風14号が日本海通過の最中、強風が吹き荒れる都内でしたが、予定通り、新橋の印刷会社「三栄印刷」で来年発刊予定の50周年記念誌に係る、9/28(水)の第2回準備会下打合せで発注印刷会社に有志で集い打合せを行いました。(17:00〜19:30)

36年卒のS先輩が用意の「建原稿(見本)}に基づき、細部の詰めを行いました。

おおよそのイメージは次の通り。

@本題 慶應義塾大学華道会、副題 創会50周年記念誌 書体、字の大きさは9/28に決定

A献辞(郭熙 臥遊録) 春山淡冶にして笑うが如く、夏山蒼翠にして滴るが如く、秋山明浄にして装うが如く、冬山惨淡として眠るが如し、  横部得三郎教授、坂手星柯師範に謹んで本書を献ず

B巻頭 会長と師範に各1頁

C口絵13頁(卒アル各年次の集合写真40枚(1頁に6枚として6頁半)と華道会HPから抜粋写真(1頁に6枚として6頁半)    卒アルのスキャナー投影、パソコン取り込みは9/22(木)(09:30)三栄印刷担当Y氏他2名+私の4名が南校舎正門守衛室前で待合せ、(09:45〜12:00)の約2時間かけ、三田塾構内旧図書館のメデアセンターで行う。

D目次(2頁)より本文と同一用紙とする。

E本文76頁(1人2頁として38名に執筆依頼する。現在44年卒のアメリカの女流推理小説作家・パトリシアコーンウェルの検視官シリーズ翻訳で有名な相原真理子氏含む20名が執筆応諾ですので、あと18名に追加依頼(36年卒の推理小説作家の夏樹静子氏にも依頼する事とする。)する。

1人(1行40文字×2頁(15+19行)=1400字で依頼(原稿用紙400字詰め3枚半)する。

F年表8頁  華道会・慶應義塾大学・世相の時暦対比表とする。1頁につき4〜6年間の時暦掲載とする。

G卒年別会員名一覧4頁

H編集後記2頁

I参考資料1頁

J奥付1頁

以上で頁数合計は118頁のイメージです。

・38名(現在20名が執筆応諾)への原稿投稿締め切りは一応本年末を目処とする。(出来たらWord原稿でEメール送信が望ましい。)
・各原稿に係る校正は事務局に一任願う事とする。(各人との遣り取りに時間が割かれるのを回避したい事から。)
・三栄印刷Y氏への原稿渡しはばらばらでなく、一括渡しとする。
・記念誌納期は18.11.20とする。(吉井他数名宛とイベント会場(18.11.25(土)ないしは12.2(土)銀座交詢社出パーティー予定)宛にする。
・支払い(500冊とすると現時点の見積もりは40万円+消費税)は一括納期後で三栄了解です。
・なお印刷冊数については9/28(水)に最終確認とする。

三栄印刷鰍フY氏よりつか見本の提示があり、皆了解、タイトルは浮き出る字でレイアウト考える。

以上の件を9/28(水)(17:00〜)前回第1回準備会のメンバーに三栄印刷まで参集願い、同じく新橋の三栄印刷会議室で最終確認する事とします。

なおS氏から好意で提案のあった印刷会社社長K氏の父君(先般逝去)の号30万円もする油絵(花)を装丁に使ったら如何かとbの話ですが、写真はモノクロに統一の為、好意だけ有難く頂戴としました。

この後、我々4人は新橋駅前の居酒屋「粋」で一杯飲んで解散としました。

この粋というお店は私の会社の同期で親しくしているS氏のご子息が数年前から営業しているお店でした。

H17/9/22・卒業アルバム36冊スキャナー取り込み終了です。

9/22(木)は来年発刊の華道会50年誌に掲載予定の卒業アルバム集合写真(華道会分)スキャナー投影の為に三田の慶應大学旧図書館(メデアセンター)に発刊依頼の三栄印刷鰍フ部長&担当者2名の計3名と出向きました。

南門正門に(09:30)集合でスキャナー・パソコン持参(業者が)で3Fの閲覧室に出向き、集合写真の載っているS34年3月卒(1958年アルバム)〜H13年3月卒(2000年アルバム)36冊を投影しました。

作業時間は(09:40〜11:30)でした。33/3卒(1957年アルバム)分はK先輩に9/28(水)第2回打合せの際持参頂く事にしました。

不明の48/3卒(1972年アルバム)分、49/3(1973年アルバム)分、59/3卒(1983年アルバム)分の3冊のうち、59/3卒(1973年アルバム)分は既に大阪在のT氏から借り受け私がスキャナーで取り込み済みです。

あと49/3卒(1973年アルバム)は月内にSさんが千葉の実家から取り寄せて呉れる由です。

あと48/3卒分をどうするかです。

元々掲載されていないのは47/3卒(1971年アルバム)分、62/3卒(1986年アルバム)分、H10/3卒(「1997年アルバム)分、H12/3卒(1999年アルバム)分、H14/3卒(2001年アルバム)分、H15/3卒(2002年アルバム)分、H16/3卒(2003年アルバム)分の計7冊です。

第2回50周年記念誌発刊打合せ会(17.9.28(水)於三榮印刷)

昨日は夕方5時から新橋の出版お願いする印刷会社会議室で「華道会創立50年誌」発刊に係る第2回打合せ会でした。
既に9/7(水)に下打合せを行っていますので本日はその確認でした。

集まったメンバーは下打合せの時の4人(36年卒S氏、45年卒Y氏、46年卒S氏、それに私)と会の幹事長33年卒K氏、37年卒Yさん、M氏、47年卒K氏、それと印刷会社のY氏の計9名でした。
今回お見えになった4人に対して再度S氏の方から「建原稿(見本)}の説明を行い了解求めました。

・頁数は各ページの外側に

・本文字体 見出しは有沢行書16 太  氏名・学部はMS明朝12  本文はMS明朝11 字間は0.4

・発行元はOB会ではなく華道会とし、現役の代表、会員の投稿も求める。

・タイトル 本題 慶應義塾大学華道会、副題 創会50周年記念誌 については例えば創会が良いのか、創部が良いのか、創立が良いのかを含め、今後じっくり検討する事としました。

・献辞(郭熙 臥遊録)について
春山淡冶にして笑うが如く、夏山蒼翠にして滴(シタタ)るが如く、秋山)明浄にして装うが如く、冬山惨淡として眠るが如し、横部得三郎教授、坂手星柯師範に謹んで本書を献ず
は両先生に限定しないで+佐々木先生、先人達に本書を献ずにする事が多数決を占めました。

・表紙の色は印刷会社提示のつか見本2冊のうち、レザック66年版の中の白茶(レザック82ろうけつ)と決まった。

・表紙のタイトル字体はグレーぽい色とし、はこ押し(凹凸)とする。

・口絵(13頁)の紙質はコートの57.5とする。

・発行部数は500冊で了解。

・本文は76頁(1人2頁)とし38名に執筆依頼するが、1人2頁とすると1400字(原稿用紙400字詰め3枚半)になる。原稿依頼は1人原稿用紙4枚程度(1600字)としているので余白が出た頁は写真等で埋める事とする。

・本日出席のK氏から、会の30年〜33年の時暦と、T先生、33年卒I氏、34年卒K氏の投稿原稿を頂戴、同じく47年卒K氏から本人の投稿原稿と写真14枚を預かりました。これで原稿は既にメールで頂戴している2名を加えると応募23名中6名分集まった勘定になります。

・会のOBで著名な推理小説作家・36年卒の夏樹静子さんへの原稿投稿依頼は自然体でお願いする事とする。

・会の会長先生と名誉会長のM先生に対してのアポイントは会の師範T氏にセッティングして貰う事になっているとのK氏のお話でしたので、私からT氏に確認する事を約す。(M先生の息子さんとT氏が同級生で親しい関係です。)

・先日9/22(木)午前中に印刷会社Y氏他2名+私で慶應三田メデアセンターに出向き卒アルバムに掲載の華道会集合写真をスキャナーに取り込みましたがその写真37枚は本日CDロムで頂戴しましたので、既にOB会HPに掲載の2枚(49年卒分と59年卒分)と併せて追加掲載する事としました。

・あと不明の48年卒アルバムについては45年卒のY氏を通じK氏ないしはSさんに依頼、私宛着払い宅急便で送付方お願いして貰う事にしました。

・したがって1957〜2003迄の代のうち元々掲載されていない7冊を除くと48年が揃うと本来あるべき47枚中、揃う40枚が全て取り込める事になります。

・この48年を加えた40枚の集合写真は口絵に1頁3枚(13頁)程度貼り付ける事とする。全部の写真顔の大きさ、出来たら同じ大きさに揃えられるとベターですが。


来年の50周年イベントの日取り(第1候補18.12.2(土)について

↑ 17.9.28(水) (18:47) 50年誌に係る第2回打合せを終えた後、印刷会社近くの居酒屋チェーン「北海道」に移動、乾杯をしている所です。

なお「社会・世相・大学・華道会の時暦」については、私が完成させる事とします。

会の空白部分の時暦については私が該当の代の代表に当たりをつけて郵送で送付埋めて貰い、とりあえず完成させる事とし、その後加除修正等の検討をする事とします。

今回の第2回打合せで決めた内容をベースに作業を進める事で皆が了解、本日の会は終わりました。

次回は年明けに改めて進捗状況を睨みながら呼びかける事としました。

またK氏から来年の華道会記念イベントの会場として予定している銀座「交詢社」の予約については33年卒の交詢社メンバーM氏を通じ第1候補12/2(土)、第2候補11/25(土)で、概算人数100名参加で夕方(17:00〜)開演で押さえて貰う事にしました。

12/2を第1候補にした理由は来年の三田祭の実行委員会案が11/23(木)〜26(日)であり、11/25(土)だと三田祭開催期間中の恐れがあるからです。

今年の三田祭は11/20(日)〜23(水)で開催ですが、学校との調整の過程で来年も早まり11/19(日)〜22(水)になる可能性もなきにしもあらずであすが12/2なら重ならないので第1候補とした次第です。

この後我々8名は近くの居酒屋「北海道」で2時間程度歓談して散会しました。

来年の50周年記念イベント会場の下見!!

今日(H17.11.16(水))は午後(15:00)から銀座6丁目の(財)交詢社(〒104-0061 銀座6-8-7)に出向きました。

メンバーは慶應華道会創設者の33年卒小谷先輩と2人です。

先方担当は倶楽部副食堂店長の原田一成氏(03-5537-1371 Fax3572-5762)でした。

同じ33年卒の水原正一朗氏が銀座老舗の清月堂のオーナーであり。古くから交詢社のメンバーである事から、水原氏の紹介で来年創部50年を迎える慶應華道会のイベント会場として慶應大学と縁の深いここ銀座6丁目に建つ交詢社で記念パーティーを開催(12/2(土)夕方から)する事とし、本日はその下見、打合せで行った次第です。

まだ確定ではありません(皆に諮っていない為)が概要は次の通り。

・PM4:30受付開始、PM5:00スタート、PM7:00終演、7:30退場 PM4:30前来場者はエレベーター出て倶楽部内入った右側のサロン室で待機。
・メンバーは100名を予定、この場合は最大200名迄可能の大食堂で開催(人数が70名以下の場合は中食堂に変更もあり得る。)です。
・パーティーに係る大食堂使用料は17千円、室1つ外すと21千円です。
・当日ディスプレー(例えば現役による大盛り作品等)は3:30過ぎに運び込み可能です。
・会場に掲げる横断幕は交詢社通じて手配可能(金額2万円程度)です。
・飲み放題で@5500A7000B8500C10000でありA以上だとビール、ウイスキー、ソフトドリンク(ウーロン茶、オレンジ)、ワイン、日本酒、焼酎の飲み放題が付く。100名、1人7000円の場合、例えば8掛けのお料理、7000円×80名+2100円(飲み放題)×20名の予算措置は可能です。
・マイク・スピーカーは用意、司会者台も用意、但しお立ち台はなし。
・旗を当日会場内窓に飾るべくこの際、OB会で作り、現役に寄贈も考慮したい。
・受付椅子、机は会場外に用意して呉れる。
・クロークに荷は預けられる。
・当日は男性正装(ジャケットとネクタイ必携)で来場の事、女性は特に規制なしだがジーパンは不可です。
・出席者名簿は事前に交詢社に提出して置く事、そうすれば1階受付でいちいち記入する必要が省ける為。

打合せ後、有楽町のニュートーキョーで軽く飲んで散会した次第です。

第3回50周年記念誌発刊打合せ会(18.5.17(水)於SPC(旧三栄印刷)

今年に入って初めての50年誌編集会議です。

今日のメンバーは小谷氏、菅氏、松岡氏、鈴木(弘)氏、それと私の5名、サンパートナーズ椛、から昆氏他1名の計7名で現況認識と今後のスケジュールの確認を行なった次第です。

(1)投稿原稿については現在集まっている38原稿で〆とする。
(2)時暦表は現在の形式縦書きで可〔出典も明記)鈴木氏が最終構成受持
(3)目次の作成-----鈴木氏が受持
(4)編集後記は吉井が作成
(5)卒年別会員名一覧は吉井が作成

上記を踏まえた今後のスケジュールは次の通り

・5月中---目次を作成(鈴木氏済み)
       年表を最終化(鈴木氏済み)
       あいさつ文(編集後記--吉井が別途)
・5月末--- 原稿をspc社に持ち込む(吉井済み)
・6月14日(水)
            初校出し(SPC)
       初校を執筆者に送付(SPC)名簿を用意
             編集会議(編集委員)(表紙の決定)
・6月末  原稿訂正締め切り
・7月15日 再校
・7月末  再校をSPCに提出
・8月20日 青焼き完成
・8月末  同上を校了
・11月末  納品(SPC)
以上です。

したがいまして、次回打ち合わせは6/14(水)(17:00〜)サンパートナーズ渇議室となります。

第3回打ち合わせの後の懇談!!

上記写真は5/17(水)SPC会議室で編集会議終わった後、近くに慶応OBが経営している人気店(タオ)での歓談の模様です。
仕事が入り編集会議には間に合わなかった安井氏も大宮から駆けつけて呉れました。
タオはSPCから新橋寄りに数分のところ。
値段は極安です。
メニュー豊富(ここの人気メニューはモツ鍋・終わった後ラーメン入れると美味。) 場所は広い。ただし、予約が必要です。 
タオ---港区新橋4-3-11第2ニシムラビル1F 11:30〜14:00  17:00〜23:00
定休日 土、日、祝、祭日 03-3434-6620

第4回(今年第2回目)編集会議その1(18.6.14(水))

今日の大学クラブ50年誌編集会議は今年2回目(前回は5/17)です。今日の大学クラブ関係出席者はK氏、S・Y氏、S・H氏、私の4人、印刷会社からY氏、K氏の2人の計6名でした。

初校が出来上がり、いよいよ出版に向け本格化です。

今後のスケジュールは下記の通り
 ・投稿者38名に対して添え状同封のゲラ原稿確認の手紙を今週出状、7/15回答期限とする。
 ・出版に精通のS・Y氏が印刷会社に7/20前後出向き、代表して校正をする。
 ・上記を踏まえ8/23(水)(17:00〜)今年第3回の編集会議を印刷会社(サンパートナーズ梶jで行なう。

グラビア10P(13)、目次4P(3)、本文119P(93)、年表30P(8)、名簿11P(4)、計174P(131)が今回の初校結果ですが、目次は3Pに、年表も詰めればもう少し圧縮可能となります。

第4回(今年第2回目)編集会議その2(今日決めた事、確認した事)

今日決めた事は下記です。

 ・本文の読み易さから今流行の行を若干空けたレイアウトに決定。(K氏の懇請)
 ・発行は「慶應義塾大学華道会・OB会」とする。
 ・本のタイトルは縦書きで「慶應義塾大学華道会」右肩がけに「50周年記念誌」とする。
 ・中表紙(扉)にタイトルを繰り返し。
 ・中表紙対向に献辞を書く。⇒献辞(郭熙 臥遊録) 春山淡冶にして笑うが如く、夏山蒼翠にして滴るが如く、秋山明浄にして装うが如く、冬山惨淡として眠るが如し 横部得三郎教授、佐々木一雄教授、坂手星柯師範及び先人達に謹んで本書を献ず
 ・口絵の各代の卒業写真の○○○○年は他の年次(投稿者の卒業年・時暦の年)と平仄を合わせ卒業した年に統一する。口絵の最初の頁に縦にタイトル、下段横に西暦年号は卒業した年と明記する。
・目次は3枚に圧縮(投稿者は、タイトル、名前(卒業年)の順に縦書き)、口絵のタイトル(一緒に練習した仲間)を最初に挿入する。
 ・編集後記は私が夏過ぎたら書く。
 ・奥付けの誌名は「慶應義塾大学華道会50年誌」、発行年月日は「平成18年12月1日」、発行者は「慶應大学華道会・OB会 代表舎小谷堅司郎」、印刷所は「サンパートナーズ梶v、非売品・不許複製と明記する。

時暦の体裁は現状で行くか。(華道会時暦を先頭に、社会時暦等は圧縮、例年の華道会イベント統一等の意見は踏まえつつも。)

3時間に渡る編集会議を終え、前回と同じく居酒屋「タオ」に席を移し、歓談です。
仕事が遅くまであったY・T氏が(20:30)に駆けつけ、印刷会社のY・K氏を交え6名が(22:00)過ぎ迄歓談でした。

歓談の途中に坂手先生の話題になり、10年前の40周年イベントの際、慶應義塾から先生の頂戴した感謝状を現在保管している筈の八川先生宅にY・T氏が花束持って訪問デジカメに写させて貰う事になりました。
それを50年誌に口絵の1つとして飾る事にしました。

8/23(水)第5回50年誌編纂会議(於;SPC社)

添付写真左は本日確認した50年誌ゲラ刷りです。
上記写真は会議が終わり記念撮影の我々編集委員4名とSPC社のスタッフです。私Yが手にしているのは同社の新しい業務のパンフ(事務局業務の代行)です。

今日は最終の50年誌編纂会議でした。
50年誌の掲載ページが確定しました。
A5の大きさで本文154頁、口絵10頁、本扉1枚 の計160頁強です。

今日、SPC(サンパートナーズ鰍フ略)社から編集委員が頂戴した50年誌最終ゲラ刷りを各自持ち帰り、最終確認をする事になりました。
うち、OB・現役名簿の学部不明部分は私Yが塾員センターに照会、9/10の週にSPC社に返却する事としました。

既にこの夏休みにS氏がSPC社との間に刷り上った原稿に基づき校正を終えております。

即ち時系列に記すと次の通りです。
 7/15 著者校正もどり
 7/26 S氏SPC社来社(内校正)
 8/2  初稿修正済みをS氏へ発送
 8/14 S氏より校正戻る

本日頂戴した最終原稿の最後の指摘事項をSPC社に9/10の週をエンドに回答して、それ以後はSPC社の責任修正とし、印刷に入る事にしました。

500冊を発刊し、うち350冊は私Y宛に(11/17納期)、残り150冊は12/1(金)にSPC社から交詢社に持参して貰う事にしました。(12/2(土)がパーティー当日です。)

A5サイズ(50年誌の大きさ)1枚の挨拶状はS氏が文面作り、確定したらSPC社に送付し、500冊の50年誌に挟み込んで貰います。

150冊は12/2のパーティー席上配布します。
残り350冊はパーティー開催の案内を私Yの方から10/下旬にOB会員に発送、寄付等寄せたOB会員に、パーティー終了後、OB会員名簿・収支報告と共にYの方から郵送する段取りにしました。

10冊は塾員センターに寄贈する。(K華道会OB会代表と私Yが持参)
華道会顧問、華道師範に対しても各1冊づつ贈呈する。
故S名誉会長のご遺族にも1冊寄贈する。

50年誌の段取りが本日決着し、いよいよ12/2のパーティーの準備に入ります。

次回もここSPC社会議室を利用させて貰い、9/20(水)(17:00〜)に、パーティーに係る第1回打合せを行なう事としました。
 

8/23(水)編集会議終え、近くの居酒屋で反省会です。!!

添付写真はSPC社近くの居酒屋タオでポーズの我々編集委員5名(うち1名Y・T氏は仕事の関係から反省会から参加。)とSPC社のY・K氏の計6名です。

反省会から参加のY・T氏から10年前塾から故S華道師範に贈呈あった感謝状に係る所在につき報告があった。
故S先生実姉のY顧問の娘さんに探して貰うように依頼、既に1ヶ月近く経過、返事がないので悲観的である。
最後にY・T氏が向こう1〜2週間以内に塾塾員センター(当時はOota課長)に確認して本件幕引きとします。

8/30Y・T氏からрり、本日塾員センターに出向き感謝状につき確認した所、H8年11月19日に確か塾長印を押した記録(手書き)が残っていた事迄突き止められました。しかし手書きの内部資料の為外部持ち出し(コピー)は不可との事でここ止まりとなりました。

Y顧問のお嬢さんに対しては引き続き探して貰い、もし12/2迄に見つかれば50年誌掲載は無理としても会場内に掲載をしたいとY・T氏の方から伝えて貰いました。

余談ですが私Yが、過日6月に八ヶ岳硫黄岳山荘で新内弾き語り演奏会を披露した時、懇意になったT・M氏がその後、SPC社社長K氏と銀行時代からの大親友だった事が判明、本件50年誌編纂を通じてのSPC社との繋がりがあり、偶然とは言え、不思議な感じがしました。

演奏会が終わってからその懇意になったT・M氏がこの店タオでSPC社社長、それと50年誌編集委員でもあるS・H氏の3人が歓談した際に、私との繋がりが発覚した次第です。

縁は異なもの味なものとは言いますが言いえて妙な感じが本件でまさにしました。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ