たまねぎ杯ゴルフ復活(次回第19回は50周年協賛で12月3日です。)



第18回たまねぎコンペは18.5.30(火)愛鷹600ゴルフ場でした。

↑ 18.5.30(火) (11:30) 昼食後後半のINコーススタート前の常連7名です。(左からS46年卒前回優勝者鈴木弘氏、46年卒島田氏、毎回岐阜の遠路から駆けつけの44年卒正村氏、41年卒の私、たまねぎ会幹事長のシングルプレーヤー42年卒吉住氏、同じく42年卒中島氏、45年卒安井氏です。

昨日のお散歩ラリー反省会の後遺症か何だか私は今日は二日酔い気味です。

高井戸駅沿いの環8道路で中島氏をピックアップ、用賀のICに(06:00)前に入線、裾野ICで(東京から100km未満)一旦下線です。
早朝割引の恩典享受です。

今日のコースはたまねぎゴルフでは過去3回(第9回・S60.6.26と第10回・S61.7.4と第11回・S62.7.3)催しており、今回で4回目です。

集まったのは常連の7名・2組です。
(08:00)にスタートでしたので、今日は1.5ラウンド回れました。

私は今日は帰宅しないで、荘川ICまで走行しますので、夕方遅くなるのは返って好都合でした。

結局風呂に入り、表彰式終わって皆と別れを告げたのは(17:30)でした。

私は明日(09:00)東海北陸道美濃清見IC待ち合わせがありますが、途中SA何箇所かで仮眠取りながらゆっくり走行でした。

結局荘川IC下線すぐの所にある道の駅・到着は翌朝未明(01:00前後か。)でした。
お蔭で沼津〜一宮JC〜荘川ICまで夜間割引(3割)適用でした。

道の駅駐車場でルーフボックスから毛布、敷布、まくら、座布団等出して車内を平坦にして足を伸ばして安眠でした。

なお次回第19回コンペは50周年行事の協賛イベントコンペと称して、華道会会員各位に広く募集をして、銀座6丁目交詢社で催す50周年記念イベントの翌日、18.12.3(日)都内新木場と交通至近の都営ゴルフ場「若洲ゴルフリンクス」で催す事になりました。

万が一取れない時は往復バス(東都観光)セットで首都圏近郊で催す事になりました。

次回記念すべき第20回コンペは正村氏が岐阜在で顔が広いので、来年春先(4月か、5月に)、1泊2日、初日が岐阜CC、二日目が岐阜関CCで2Rで催す事に決まりました。


第17回コンペはH17年11月18日(金)東富士CCでした。

↑ H17.11.18(金)(08:25) スタート前の集合写真です。向かって左から岐阜より駆けつけの44年卒正村氏、46年卒鈴木(弘)氏、45年卒安井氏、41年卒吉井、幹事の42年卒吉住氏、46年卒島田氏です。

慶應華道会OB有志によるたまねぎゴルフ会が15年振りに復活して今回が今3回目のゴルフでした。

復活緒戦の第15回ゴルフは3/14(月)の山梨のメイプルポイントGCでした。

第2回が7/11(月)の富士レイクサイドCCで、そうして今回の11/18(金)の東富士CCとなった訳です。

気が早いですが、来年は5月頃一回ラウンドし、もう1回は12/2(土)の銀座交詢社で開催の50周年記念パーティーの翌日に協賛コンペとして首都圏周辺の便の良いコースでラウンドしようと一致しました。

今回は常連の42年卒中島氏が奥様の加減が悪いとの事でドタキャンとなった為、私が幹事の日野在の同じ42年卒吉住氏宅まで出向き、4年卒島田氏の車で3人連れ立って行く事にしました。

(06:00)に3人がY氏宅出発、ゴルフ場に到着は(07:20)でした。

前日御殿場に宿泊の岐阜から来た44年卒正村氏を含む全員(残る2人、45年卒安井氏、46年卒鈴木(弘)氏、含む6人)が揃って、2組に分かれスタートは(08:30)でした。

今日は風も少なく、秋空の快晴、絶好のゴルフ日和となり何よりでした。

各ホール、紅葉の真っ盛りで、雪を抱いた霊峰富士を背に、晩秋を満喫した一日となりました。

今日のコースは、三菱地所経営の、別名三菱カントリー・クラブとも称される風格ある距離の長いチャンイオン・コースで、特にミドルホールが長く、受けグリーンの多いパットの難しいコースでした。

昼(10:50〜11:40)を挟んで、OUT、INとラウンド、風呂に入り、2F食堂で成績発表、新しいHCを決め散会は(15:20)、我々はまた3人連れ立って吉住氏宅に向い、吉住氏宅(17:30)で車を乗り換え、自宅戻りは(18:15)過ぎでした。

昨年鈴木氏が奥様と南ドイツ珍道中で11日間レンタカーで廻った時の写真を使ったオリジナル卓上カレンダーを皆に配り何よりのお土産となりました。

今年は3回開催しましたが、来年は2回とし、次回第18回はH18.5.30(火)開催が決まり場所も吉住氏コースの沼津国際が有力です。

さらに来年は、50周年の記念パーティーの翌日、12月3日(日)に、協賛の第19回大会を盛大に行う予定となっております。 

 

次回第17回は11/18(金)東富士CCです。

↑添付写真は17.7.11(月) (16:05) ラウンド終了後風呂に入り、麓の河口湖CC隣接の洒落た喫茶店に移動しての安井氏を除く6名による歓談・成績発表を終えての記念写真でした。

ラウンド終了後風呂に入り、夕方会社にお客が来る安井氏を除く6名は河口湖CC隣接の喫茶店に移動(15:30〜14:10)、歓談、成績発表でした。

次回第17回は11/18(金)、東名沿いの三島周辺で開催する事に決し、散会した次第です。

”たまねぎの会”親睦ゴルフの集いの詳細が確定しました。(速報)

日時:     11月18日(金)
コース:     東富士カントリークラブ
スタート     アウト(08:21) フロント前集合(07:45)
〒410-1308  静岡県駿東郡小山町大御神604-3  TEL: 0550-78-0121
アクセス:    東名 御殿場ICより 14km  東京ICから80分
料金:      16,200円(キャディー付き、食事代は別途)
紹介者:    井上 紋太郎
参加費:     2,000円
                                           以上
 
当日は、9時台のスタートが一杯でしたので、早いスタートになってしまいました。コースは、三菱カントリー・クラブとも別称される風格のあるチャンピオン・コースです。メンバー表提出のため、参加の確認のメイルを、お願いします。  幹事 吉住

行きと同じく、私と中島氏は河口湖IC入線、調布IC下線で三鷹に彼を送り、自宅戻りは18時過ぎでした。

第16回たまねぎ杯開催(7/11(月)富士レイク)!!

↑添付写真は17.7.11(月)富士レイクアウト1番ホールスタート(08:30)前の河口を背後に見ての記念写真です。向かって左から45年卒安井氏、42年卒中島氏、41年卒吉井、今回幹事の42年卒吉住氏、46年卒鈴木(弘)氏、46年卒島田氏、それと遠路岐阜から駆けつけの44年卒正村氏の7名です。

7/11(月)は朝方まで雨が残りましたが、終日好天の絶好のゴルフ日和となりました。

年2回開催で今年3/14(月)大月メイプルポイント開催で15年振り復活の慶應華道会OB有志によるたまねぎゴルフ会の第2回(累計第16回)コンペの日です。

朝6時武蔵境駅南口に42年卒中島氏と待ち合わせ愛車ジムニーで調布IC入線で中央道を河口湖IC下線で今日の開催地、富士レイクサイドCCに(07:20)到着です。

今日のメンバーは7名、2組です。私と45年卒安井氏、46年卒島田氏の3名が第1組、幹事の42年卒吉住氏、中島氏、46年卒鈴木(弘)氏、それと遠路岐阜から来訪の44年卒正村氏の4名が第2組です。

朝(08:30)スタートのセルフプレーの電動カートです。スルーザグリーンノータッチ、青マークのバックティーからのプレーです。今日は新ペリア、今日の結果踏まえて次回からハンデプレー(第1位は30%、第2位は20%、第3位は10%カットで新ハンデ決定)です。

電動カートにはリモコン装着、グリーン迄の残りのヤード、グリーンの柴目も表示され至極便利です。

昼食(10:50〜11:35)を挟んで、楽しくラウンドした1日でした。

ここ富士レイクサイドCCは富士裾野に位置し、標高1000mを超え、富士山からの柴目がきつくパッティングが難しいゴルフ場でした。

第16回たまねぎ杯ゴルフコンペ開催日、場所が決まりました。

次回、第16回のたまねぎ「の会のゴルフは、7月11日(月)に、吉住淳氏のホームコース「富士レイクサイドカントリー倶楽部」で開催する事になりました。

富士レイクサイドCCのHPURL   http://www.fujilakeside-cc.jp/

現在3組押さえてあり、アウトスタートで@8時半、A8時37分、B8時44分 です。

料金は昼食、ソフト・ドリンク付きのセルフ・プレイで、13,100円です。

中央自動車道、河口湖線、河口湖IC下線、10分位の至近距離です。
標高1,000mの富士山麓に位置して、カートのプレイでもありますので、涼しくプレイ出来るはずです。

是非皆さんのご参加(↓)をお待ち申し上げます。

(申し込み締め切り日  6月24日(金))

(申し込み先 yoshizumi@ocal.co.jp  吉住 淳(会社宛))

追記

なお、既に岐阜在の44年卒の正村和夫氏が遠路にかかわらず、参加表明して頂いております。

別に彼のように、遠方からの来場者に限った事ではありませんが、有志で前日泊し、前夜祭で盛り上がり、ゆっくりしてから(ホテルからゴルフ場迄車で10分足らず。)プレー希望の方には、下記ホテルを用意してあります。

お気軽にお申し出下さい。

富士ビューホテル(Fuji Yiew Hotel)
〒401-0310 山梨県南都留郡富士河口湖町勝山511  п@0555-83-2211

富士ビューホテルHPURL http://www.fujiyahotel.co.jp/fujiview/index.html

会員料金で 2〜4名1室で、素泊まり3,800円で泊まれます。湖畔に面して、庭園も立派で、なかなか雰囲気のあるホテルで、費用対効果は満点です。

次回第16回開催は05.07.11(月)に!!

↑添付写真は17.3.14 (15:30)風呂上がってからの表彰式、前列座っているのが第2組ラウンドの右からA氏、Iさん、私、後列第1組の右からT・Y氏、H・S氏、T・N氏、A・Y氏の計7名です。

ここメイプルポイントGCは中央自動車道上野原ICより車で15分の都心から至近距離にて、過去に男子プロの「フィランソロピー・ゴルフ・トーナメント」、女子プロの「リゾートトラスト・トーナメント」の会場ともなった、ゴルフコースにて、かのゴルフコース設計の鬼才、ピート・ダイの作になる、戦略性に溢れた、大変美しいチャンピオン・コースです。

次回開催は前述の通り、4ヶ月後の7/11(月)と日取りだけ確定しておりますが夏場ですので、どこか涼しい所をと幹事A・Y氏は目論んでおりますので是非ご期待下さい。→河口湖ICから至近の富士レイクCC開催に決定!!

H17年3/14(月)は15年振り(第15回)たまねぎ杯復でした。

↑添付写真は17.3.14(09:00)山梨メイプルポイントゴルフ、スタート前の集合写真、右からH・S氏、T・Y氏、T・N氏、A・Y氏、テニス仲間、T・Iさん、同じく山仲間慶應1年先輩Y・A氏、それと私です。

昨日3/14(月)はK・Y君のメモリアルと冠しての15年振りのたまねぎゴルフでした。

たまねぎ杯ゴルフ会とは故坂手先生より優勝カップの寄贈を受けて、第1回を、静岡県田方郡大仁町の大熱海国際GCで、1973年5月に開催致しました。

以来、回を重ねましたが、1990年5月に第14回を、千葉県市原市の鶴舞CCで行ったのを最後に、約15年間、中断しておりました。

前述のK・Y君のメモリアル会を機会に、OB会等の公式行事とは別に、グリーンの上でも、会員相互の親睦を図れたらと考えたのが再開のきっかけです。

開催の年日時と開催場所を列記すると次の通りです。

73.05.23大熱海国際GCを第1回として、以後75.07.24大利根CC、76.06.04一宮CC、76.11.05箱根くらかけG、79.01.26東京よみうりCC、79.07.25小金井CC、80.06.06習志野CC、84.10.08ラフォーレ修善寺CC、85.06.06.26愛鷹シックスハンドレッド、86.07.04愛鷹シックスハンドレッド、87.07.03愛鷹シックスハンドレッド、87.11.22大熱海国際Gc、89.07.17プレステージCC、90.05.18鶴舞CCと過去14回続き、今回15年振り05.03.14のメイプルポイントGC開催となったものです。

私にとっては2/末、恥ずかしながら、飲み屋の梯子をして、最期転げて、肋骨ヒビいって以来、久し振りのアウトドア、親しき仲間と2組ゴルフ、スコアは別にして久し振りの運動が出来、幸いでした。

今回はメンバーが足りずに急遽私のテニス・山仲間を2名ピンチヒッターにお願いしてのラウンドでした。

バブルの名残りが漂う、ゴルフ場でしたが、月曜日のセルフデーでして安く出来幸いでした。(昼食代込みっで13,500円)

今回は幹事A・Y君お得意の競技方法、質素に1人1000円供出、ショートホールが各1000円、残った供出金は、パット数の少ない人が貰うと言う至って公平なルールでした。

次回は7/11(月)です。

出来たら名古屋方面の仲間も参加出来る東名沿いで一度やれればと思っております。

たまねぎ杯とは


昭和40年卒〜昭和49年卒位迄の年代の有志でお互い40歳台前後のサラリーマンとしての働き盛りの頃、よくゴルフをやったものです。

それも坂手先生からカップをご寄贈頂き、いわゆる「オニオンスライス(?)」にちなんで「たまねぎ杯」と銘々し、その取り合いをしました。

コースとしては大熱海国際CC、新沼津CC、愛鷹シックスハンドレッドC、武蔵CC、小金井CC、等名門コースを中心に年2回位のペースで17年続いたかと思います。

第1回たまねぎをS48年5月に大熱海GCで挙行した翌年に一度海外に行って見ようという話になり、今から32年前の話ですが第1回としてS49年春に韓国オープンが実現した訳です。

この時のメンバーは、山口氏、安井氏それと吉井の3名でした。

まだ戒厳令の時代、夜11過ぎの外出禁止令の発布されている時代でした。

その後グアムオープンと続き、13年前の第3回オーストラリアオープン、6年前の第4回台湾オープン、それと3年半前の第5回インドネシアオープンに至った訳です。

その内の直近の第3回〜第5回迄の海外オープンを下記コーナーでは紹介したいと思います。

第3回海外オープン(オーストラリア)


第3回海外オープンはオーストラリアでした。

メンバーは上記写真(シドニー湾でくつろぐ)左から、鈴木弘、島田、正村、山口、酒井、吉井、安井の7名でした。

丁度、安井氏の会社がゴールドコーストのパームメドウゴルフコース内13番ホール脇に別荘を保有していましたのでここを基地に3R行いました。

旅行の日程は1992.1.10〜1.18迄の1週間でした。

この内ゴルフは1/11 ロイヤルパインリゾート、1/12 ロビナーウッド、1/13 サンクチュアリーの3日間でした。

私と鈴木氏の2名は後半の1/15〜17迄ケアンズに残り、豪快なラフティング(川下り)やらグレートバリアリーフでの海の青さを堪能しての帰国でした。

第3回海外オープンゴルフの成績について


上記は1992.1.13、最終日(第3ラウンド)のサンクチュアリーコーポでのスナップです。

今回のツアーは7名参加でしたので3Rのトータルスコアーで競いました

。最初に自己申告で3Rの合計予定スコアーを提出させ、オネスト(アンダーは1打500円、オーバーは1打100円)で競いました。

賞金は各自負担の1人2000円+オネスト分を分配です。

結果は優勝鈴木弘(平均G97)、準優勝酒井(平均G99)でした。

第4回海外オープン(台湾)


第4回海外オープンは結果として3名の参加でした。(酒井、吉井、安井)

日程は1999年1月15日(金)〜18日(月)の3泊4日でした。

ゴルフは3日目の台北郊外の名門ゴルフ場での1Rだけでした。

初日の1/15(金)は龍山寺、夜の散策、2日目の1/16(土)は中正紀念堂、孔子廟、保安宮、国民革命忠烈祠、3日目の1/17(日)はゴルフと円山大飯店、最終日の1/18(月)が烏来観光、足裏マッサージでした。

林口美麗華ゴルフ場です


台湾でのゴルフ場は台北郊外の名門コース「林口美麗華ゴルフ場」でした。適度に池等が配置されアンジュレーションも結構ある整備された台湾のコースを満喫しました。


第5回目の海外オープンはインドネシア・バリでした。


20数年前の韓国オープンを第1回として不定期ながらその後グアムオープン、オーストリアオープン、そうして6年前のH11.1.15から1週間の台湾オープンと過去4回続いた華道会OB有志による海外旅行の第5回として今度はインドネシアバリにH13.8.26〜31迄の1週間、結果としては参加者2名(41年卒吉井&43年卒山口)となりましたが行って参りました。

たまたま同行の山口氏の実弟が現地の女性と結婚、子供2人もうけ、今から14年前よりバリ、ジャワに永住しているのを絶好の機会として彼のジャワの家に行き(バリから車で6時間の行程)、普通のツアーでは味わえない本当のインドネシアの山村の生活を2日間でしたが体験出来たのは貴重な経験でした。

沐浴(マンデー)、村対村の対抗サッカー試合、実弟が自宅で催してくれた20人近い楽団踊り子を呼んでの大パーティ、各村に必ずあるモスク等々見るもの聞くもの全て物珍しいものばかりでした。

ゴルフの方はバリに戻ってのバリゴルフクラブでの1Rだけでしたがさすがバリを代表する名門コース、それはきれいな整備されたコースでした。

8/末に帰国したので例の9/11の多発テロの前で丁度良いタイミングでの海外旅行で幸いでした。

ジャワの村では大歓迎でした


山口君の弟さんのお宅はバリから一路西に向かい車で5時間かけ最西端に辿り着き、そこからフェリーで渡ってさらに1時間走らせた鄙びた村にあります。

インドネシアは世界最大のイスラム国家であり村の中心には至る処にモスクがあります。

村の大部分の家は風呂、テレビ、洗濯機、等々文明の利器とは無縁の生活をしており、村の中を流れる川で洗濯から、食器洗いから沐浴からはては排便迄行うという、まことに不衛生極まりない生活です。

勿論弟さんの家は水洗トイレですし、電話、風呂は勿論、洗濯機もあります。

さらに衛星テレビ、自動車迄保有というかけ離れた村随一のリッチな文化的な生活をしております。

私が訪れた翌日日中に我々の為に弟さんのサッカーチームが隣村との対抗試合を催してくれました。

さらにその晩、日本から来た私、吉井の為に楽団(笛、太鼓等の樂員10数名、踊り子5名)を呼び夜の更ける迄大宴会を開いてくれたのには大感激でした。

大部分の村人達が彼の家に見物に押しかけ、娯楽の少ない村人にとっては、まるでお祭り騒ぎでした。

バリの紺碧の海をご覧下さい。


インド洋に沈む夕日を浴びる、70mの絶壁の上に建つウルワツ寺院、11世紀に建立されたというこの寺院は、海の霊を崇拝するため、高僧エンプ・タトウランによって建てられたといわれています。

ここからの眺めは例えようもなく圧巻です。







前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ