特集2:坂手先生との現役時代(S37〜41年迄)



昭和37年4月29日 新入生と坂手先生


この時参加した新入生4人のうち最後迄残ったのは右端の五十子さんと坂手先生奥右隣りのHP管理者の吉井だけでした。

坂手先生とHP管理者吉井との爾来、35年8ヶ月(昭和37年4月〜平成9年12月)に渡る長いお付き合いの始まりでした。

先生と私の年齢差(昭和3年3月31日生まれ−昭和18年2月8日生まれ=15歳)からして、昭和31年創部の頃の先生はまだ28歳、現役の学生との年齢差も少なく少し年上のお姉さまといった感じではなかったでしょうか。
我々の過ごした現役時代は、先生が30歳台の後半にさしかかる年齢、お美しく、かつお仕事に弾みのつく年代でしたので本当に楽しい華やかなクラブ活動の時代であったと今更ながらに思う次第です。

年代順にこの後、30枚の写真と共に昭和37年から41年にかけての先生と共に歩んだクラブ活動の足跡をご覧頂ければ、この辺りの様子は、よくお分かりになろうかと存じます。

昭和37年6月17日 鎌北湖ハイキング


左からHP管理者吉井、3年生の代表尾崎さん、新入生の朝比奈さん、4年生の塩入さんです。


昭和37年6月29日のOB交歓会(銀座風月)


白い帽子姿の坂手先生を真ん中に左右にOBのお歴々が座る。(先生の右が小谷ご夫妻です。)


昭和37年8月3日〜6日 白樺瑚合宿


右から坂手先生、その隣がHP管理者の吉井です。


昭和37年8月3日〜6日 八ヶ岳をバックに


八ヶ岳の高原を散策中のメンバーです。真ん中が朝比奈姉妹です。右端が代表の3年生尾崎さんです。


昭和37年11月下旬 三田祭


和服姿が坂手先生、その右が馬場さん(3年生)、左が吉井(1年生)です。

<昭和37年4月1日〜38年3月31日迄のコメント>

この年はちょうど管理者である吉井がピカピカの新入生で華道会に入部した年です。

高校時代は剣道と勉学(?)に明け暮れ、潤いのある世界に枯渇していた為大学に入ったら正反対のものをやろうと華道に目を向けた次第です。

新宿御苑での最初の坂手先生、先輩との出会い強烈でした。

坂手先生の若くて美しかったこと印象に深く刻まれております。

6月の鎌北湖ハイクも思い出に残っております。

新入生2名(朝比奈さん、吉井)と3、4年の先輩(塩入さん、尾崎さん)の4名だけでしたが楽しかったです。

これがきっかけで華道会との長いお付き合いが始まった訳です。

その月の末にOB会があり、その時初めて小谷先輩を始め諸先輩に御目文字をしました。

夏の白樺湖合宿も楽しい思い出です。

八ヶ岳をバックに大いに青春を謳歌しました。

11月の三田祭もスケールが大きく吃驚した記憶があります。

昭和38年5月歓迎会(御岳)


歓迎ハイクは御岳河原で開催、新入生12名が参加しました。


昭和38年6月野猿峠ハイキング


2年生の白幡氏が登山大好き人間でしたのでこの年はよくハイキングに行き親睦を深めたものです。


昭和38年7月13日〜15日 四尾連湖旅行


35年前の四尾連湖は湖畔に1軒ぽつんとランプの宿があるだけの秘境の地で市川大門から何時間もかけ峠越えで歩いて訪れたものです。

右から3番目の新入生工学部の関口君がこの年の秋、急逝したのも衝撃的な思い出でした。

昭和38年8月中旬 秋川渓谷ハイキング


左から朝比奈さん(2年生)、田中さん(1年生)、吉井(2年生)、勝田さん(4年生)、白幡さん(2年生)、大垣さん(3年生)、新倉さん(1年生)、最前列座っているのが酒井さん(3年生)です。


昭和38年8月4日〜7日夏季合宿(八ヶ岳高原)


この年の合宿は2年生のリーダー白幡さんがたぐいまれな指導力、行動力を発揮しました。

団体をとりまとめる才はたいしたものでした。紙のファッションショー等は彼の発案です。

昭和38年8月夏季合宿(美女軍団)


左から服部さん(2年生)、太田さん(4年生)、野崎さん(2年生)、松村さん(4年生)、小林さん(2年生)です。


昭和38年夏季合宿(納会・紙のショー)


左の説明役がHP管理者の吉井で演技者が五十子氏です。


昭和38年8月文連リーダー研修(北川温泉)


左から原田さん、吉井、白幡さんのオール2年生です。


昭和38年11月三田祭準備


作品展示棚を制作中のHP管理者吉井です。


昭和39年2月18日〜21日スケート合宿(蓼の海)


初めての冬のスケート合宿でした。

左から千蔵さん(1年生)、酒井さん(3年生)、滝山さん(2年生)、坂手先生、朝比奈さん(4年生)、五十子さん(2年生)、吉井(2年生)、久保田さん(2年生)と続く。

<昭和38年4月1日〜39年3月31日迄のコメント>

この年は管理者が2年生、日吉の責任者として精力的に新入生を勧誘し12名も入部しました。

5月には歓迎御岳飯合炊飯を行い総勢22名の参加がありました。

6月には野猿峠ハイク(16名参加)、7月には13日〜15日迄山梨県の四尾連湖旅行(15名参加)と続き8月の夏季合宿に流れ込んだ訳です。

8月4日〜7日の八ヶ岳高原(海ノ口)での夏季合宿は総勢30名と、盛会でした。

昼はハイキング夜は紙のファッションショー・寸劇・オリンピックゲーム等々で盛り上がり、リーダーの2年生白幡氏のたぐいまれなる才能が見事発揮された合宿でした。

8月中旬にはまた秋川ハイク(10名参加)、8月下旬には文連主催のリーダー研修が伊豆北川温泉で開催されクラブからは5名(吉井・白幡・原田・朝比奈・滝山のオール2年生)参加する等充実した夏を過ごしました。

翌年2月には初めて冬季合宿と称して長野県蓼の海でスケート合宿を行い10名の参加を見ました。

この当時は、スキーは高値の花でもっぱらスケートでした。

昭和39年5月 新入生歓迎(中津渓谷)


最前列左から安藤さん(4年生)、譲原さん(1年生)、坂手先生、酒井さん(4年生)、後列左から平田さん(1年生)、1人置いて吉住さん(2年生)、吉井(3年生)、1人置いて山口さん(1年生)です。


昭和39年6月 関東華道連盟ハイク(金沢八景)


慶應、早稲田が中心になって関東大学華道連盟が活発に交流を行った時期です。


昭和39年6月横浜西田衆芳園見学


前列中腰が左から荒木さん(4年生)、吉井(3年生)、吉住さん(2年生)、山口さん(1年生)、後列左から新倉さん(2年生)、粟根さん(2年生)、成田さん(3年生)、滝山さん(3年生)、等です。


昭和39年8月10日〜14日連盟尾瀬戸倉合宿


戸倉の合宿所である旅館の玄関先で看板を手にHP管理者吉井がはしゃいでおります。


昭和39年8月 連盟尾瀬合宿集合写真


連盟合宿に参加した総勢60名での記念撮影です。


昭和39年8月尾瀬ヶ原で連盟の皆と


後列右から萩原さん(2年生)、吉井(3年生)です。<BR>前列右端が東京女子大の藤沢さん(現白幡夫人)です。


昭和39年8月17日〜20日比叡山技術合宿


正面講師が坂手先生、その右脇で花図を書いているのが吉井(3年生)です。場所は比叡山延暦寺内の宿坊です。


昭和39年11月23日三田祭を終えて

最後列が吉井(3年生)です。

後列左から久保田さん(3年生)、朝比奈さん(3年生)、平田さん(1年生;物故)、古山さん(2年生)、福良さん(2年生)、川崎さん(2年生)、新倉さん(2年生)、吉住さん(2年生)、田中さん(4年生)、酒井さん(4年生)、井浦さん(3年生)、前列中腰が左から光山さん(2年生)、五十子さん(3年生)、1人置いて三戸さん(3年生)、成田さん(3年生)です。

昭和39年12月19日ダンスパーティ開催(三福会館)


着物姿の坂手先生を中心に当日のメンバーのくつろいだ姿でのパーティ終了後の記念撮影です。


昭和40年2月19日〜21日スケート合宿(軽井沢照月湖)


左から服部さん(3年生)、野崎さん(3年生)、千蔵さん(2年生)、勝田さん(4年生)、布目さん(4年生)、吉井(3年生)で後ろから滑って来るのが山口さん(1年生)です。


昭和40年3月19日4年生送別会(私学会館)


和服姿の坂手先生の右隣が初代会長の横部得三郎先生、その右に安藤、酒井の両4年生が続く。坂手先生の左から森川さん、田中さん、中川さんの4年生が座る。

<昭和39年4月1日〜昭和40年3月31日迄のコメント>

この年度が第2期黄金時代のハイライトでした。

すなわち@関東大学華道連盟の夏季合同合宿開催 A関西の比叡山延暦寺で夏季技術合宿開催 B華道会主催の大ダンスパーティを開催の3大イベントがこの年度に集中したからです。

5月に中津渓谷で新入生歓迎会を開催(新入生3名含む10名参加)、6月に金沢八景で連盟がハイク開催(20数名参加)、6月に有志10名で横浜の西田衆芳園見学と続き、8月10日〜14日の連盟主催尾瀬戸倉合宿と尾瀬散策に突入した訳です。

一行は青山、共立、慶應、東女、日本女子体育、明治、立教、早稲田等16校の学生60名です。10〜12日が実技合宿、13〜14日が尾瀬散策でした。
連盟発足7年にして初めての合宿でした。

華道会の方も8月17日〜20日迄京都の女子大から花器等借り比叡山延暦寺で技術合宿をこれまた初めて開催しました。

参加総数20数名でした。

そうして年末12月19日にこれまた華道会として初めて資金集めのダンスパーティを大久保の三福会館で盛大に開催しました。

収支は10万円の黒字で成功裡に終えることが出来ました。

最後に翌年2月19日〜21日、軽井沢照月湖でスケート合宿を開催、10数名の参加を得ましたが、管理者の吉井が顎に怪我をし、迷惑をかけた記憶があります。

昭和40年4月新入生歓迎会(狭山湖)


最前列坂手先生の右隣が新入生の枝松さんと池さんです。


昭和40年8月夏合宿(木崎湖)


前列左端から枝松さん(1年生)、柳下さん(1年生)、石澤さん(1年生)、川崎さん(3年生)、福良さん(3年生)、古山さん(3年生)、粟根さん(3年生)、吉井(4年生)、中里さん(4年生)、後列左から1人置いて横縞のシャツが大木さん(2年生)、その隣が五十子さん(4年生)、立岩さん(4年生)、三戸さん(4年生)と続く。

昭和40年9月 連盟ハイク(丹沢ヤビツ峠)


思い出深い連盟の行事の最後を飾る丹沢ヤビツ峠ハイキングでした。

連盟を通じて結ばれたカップルも数組ありました。(白幡ご夫妻&萩原ご夫妻等)

<昭和40年4月1日〜41年3月31日>

この年は、管理者は4年生、クラブ活動の第一線から手を引き気楽な立場でクラブ生活を楽しみました。

4月に恒例の新入歓迎会を狭山湖で開催(新入生6名を含む20名参加)、8月は長野県木崎湖で技術合宿、9月には連盟の丹沢ハイクと続きました。

個人的には就職も内定した気楽さから7〜8月とクラブの後輩と2人で江ノ島海岸に海の家を借り過ごしたり、9月にはクラブの有志と富士山登山をしたり、10月には同じくクラブの先輩達と山陰旅行をしたりと残り少ない学生生活を謳歌したものです。





前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ