坂手先生の思い出



初めに


思えば8.11.23に華道会40周年パーティーをOB南安子さんの母上が経営の銀座クルーズ&クルーズで催してから早や6年経過しました。

あの時は百名以上のOBの皆様がお集まり頂き全員がお世話になった坂手先生と久し振りお会い出来るものと大いに期待したものです。

残念ながら当日、先生体調不良でどうしても出席かなわずで、OB一同大いに残念がったものです。

その後、先生は1年後思い切って手術に踏み切った訳ですが、術後思わしくなく9.12.10にご他界されました。

今年7回忌をお迎えになる訳ですが、46周年OB交歓会開催(14.11.30)を機に坂手先生メモリアル特集を組んだ次第です。

下記原稿をお寄せいただいたOB各位に感謝申し上げます。(文責 41年卒 吉井)

坂手星柯先生を偲んで(昭和33年卒 小谷堅司郎)

 
坂手先生には長期間に亘り、華道会をご指導頂き感謝いたして居ります。

親しくさせていただいた中で思い出されるのはやはり「長電話」です。

情熱的に何時までも話し続けられました。

懐かしく思い出される方も多いのではないでしょうか。

昭和26年、慶應高校1年生の時、自宅で母が草月流を八川星淡先生に習っていました。

私も、心に花の美しさを取り入れた生活が出来ればと思い、外へ習いにゆく恥ずかしさも無くて済むので弟子入りしました。

八川先生がご懐妊のため、引継ぎに見えたのが妹さんの坂手先生でした。

少し年上のお姉さんという感じなので、勝手気侭を言う私に「私は先生ヨ」という感じで張り切って教えて下さいました。

その後、塾に華道会を創部した時、指導師範になっていただき、また全関東大学華道連盟の結成を各大学に呼びかけた時もお骨折り頂きました。

部活で明治神宮菖蒲園見学、スキーやハイキング、連盟のバス懇親ツアーなど、一緒に楽しみました。

そして40年が経ちました。

創部40周年の記念行事の式典のハイライトに、皆の喜びと感謝の気持を込めて、塾から「感謝状」を先生に戴こうと計画、当日、念願が叶い塾から授与においで頂きました。

しかし突然の入院で先生は欠席。

久し振り先生に会えるのを楽しみに集まった会員の皆が本当に残念に思いましたが、ご回復を念じました。

翌朝、病院にお届けすると病床にあるにも係らず熱心に長時間はなしを続けられ心配しましたが、これなら直に元気になられると、安心もしました。

翌年、三田祭の後、突然の訃報に只々驚き、悲しみました。

先生の御霊の安らかでありますよう、お祈り致しております。

坂手先生の思い出(昭和34年卒、英義道)

 
白状しますと私の場合、華道会に入った動機は明らかに不純で、最初から華道を習おうという心構えなど全くなく、華道会には優しくすてきな先生と花のように美しい可憐な女子会員の人たちが、たくさん集まるに違いないと思ったからです。

あれから半世紀近くがたち、当時の情景を思い出すには昔のアルバムを紐解くことが一番の近道と思い、いくつかの写真を見つけ出しました。

慶応に華道会ができ、最初の出展は確か昭和31年秋の三田祭だったと思います。

男の大学の華道展ということで投じの写真週刊誌に記事が掲載されました。

しかし私自身は、日吉時代は華道会の練習をサボってばかりでしたので、その時の記憶がほとんどありません。

三田になってからは坂手先生から「まじめに稽古をすれば卒業迄に4級師範のお免上をあげます」といわれ、しぶしぶ稽古に出た記憶がありますが、アルバムにあるのは神宮内苑の菖蒲を見に行った時の、限りなく可憐なお二人の女性会員(手島さん、恒松さん)とちゃっかり一緒に写真におさまっているハッピーな私の姿であります。

この年(昭和33年)の三田祭には出品するよう先生から言われました。

何しろお花などほとんど生けたことがありませんから、「私は鉄骨でオブジェをつくります」などといい加減なことを云い、「やってごらんなさい」と言われて大慌てで鉄工所に通う羽目になりました。

パイプを切断したり、棒鋼を溶接したり、あちこちにやけどをつくりながら悪戦苦闘しましたが、溶接は温度を上げると鉄が溶けてしまったりして出来上がった作品は当初イメージしたものとは全く異なるものになりました。

仕方がないのでペンキを塗りたくって「晩秋」という題を勝手につけて出品しました。

三田祭には勅使河原蒼風家元がおいでになり、講演をしていただき、皆の作品を見て回られました。

あの時、私の作品にどんなコメントがあったのか、そして坂手先生がそんな「言い訳」をして下さったのか私は怖くてついぞ聞き漏らしてしまいました。

そんな不肖な弟子でありましたが、坂手先生は卒業に当たって私にお免上と「星堂」という名前までくださいました。

あまりの恥ずかしさに以来、お花を生けたことは一度もありません。

しかし坂手先生は私にとって青春時代の思い出にのこる、やさしくてすばらしい先生です。

坂手先生との出会い(昭和35年卒 小谷(旧姓手島)美穂子)

 
坂手先生との初めての出会いは、四十数年前にさかのぼります。

華道会の最も初期の頃、年齢不詳の先生は若々しく、大勢の男子部員に囲まれて、いつもニコニコとはりきっていらっしゃいました。

華道会を創った先輩方です。

お花と云えば花嫁修業の一つとされていた時代のこと、女子部員もかなり居りましたが。

お花屋さんの二階でのなごやかなおけいこのほか、年中行事として5月には神宮外苑の菖蒲を愛で、夏は館山での合宿、秋には三田祭への参加、その他関東学生連盟参加行への出品やバス旅行・早慶交歓会もあって、幅広く活躍していました。

先生はどの行事にも昼夜を問わず学生たちと行動を共にして下さって、とてもご病気をお持ちだったとは思えない程でした。

合宿では早朝から散歩、体操、海辺での野球なども楽しまれました。

何と云っても一番の思い出は、三田祭での先生の涙ぐましいご指導です。

後々の方々も同じと思いますが、皆で力を合わせて作り上げた実りある展示は、満足感に満ちた先生の笑顔と共に、何よりの思い出の宝になっています。

先生との北軽照月湖」の思い出(昭和41年卒吉井秀男)

 
私が入部した昭和37年と言いますと創部して7〜8年経った頃でした。

高校時代、剣道をやっていた関係から最初は剣道部に入部をと思ったのですがその頃の慶応は学生日本一の隆々たる勢力、出る幕なしと断念、180度方向転換をした訳です。

女性苦手の性格をこの際直そうと思ったことが第一の理由、もう一つが、横部先生が会長であられた事です。

じつは先生は私の父が名古屋高商時代の恩師であったのです。かねてより父から横部先生の事をお聞きしておりましたので親近感を持って入部しました。

爾来40年の長きに渡る華道会との付き合いが始まった次第です。

坂手先生とは入部して直後の新宿御苑での新入生歓迎会の席が初めての出会いでした。

自分でお花の先生はかくあるべしと、イメージしていた通りの、お若くて美しい先生のお顔を拝見して入部して良かったと確信したものです。

先生との一番の思い出は私が3年生の時、私が企画した昭和40年2月、冬のスケート合宿北軽井沢照月湖の出来事です。

当時の冬のスポーツと言えばまだスキーが高値の花でスケートが主流でした。

事前に下見をして合宿しましたが、ハプニングが発生しました。

引率者の自分が氷に足を引っ掛け転倒、大怪我をしてしまったのです。

顎をしたたか氷にうちつけ顎の骨が見える程の怪我となってしまったのです。

少しスケートの腕があるので良い格好を見せようとスピードを上げカーブを曲がろうとして氷の裂け目にエッジをとられたのです。

さあ大変、縫わなくてはなりません。

先生には大変お世話になりました。

まだ合宿中日、他の会員に後事を託し、その当時まだ走っていた草軽電鉄に私を乗せ一緒に軽井沢の病院に急ぎ外科処置に立会い、さらには自宅迄送っていただき、両親共々大恐縮の顛末でした。

前々から先生のやさしさ、親身さは承知しておりましたが、まざまざと実感した事件ではありました。

お蔭様で私と先生が抜けたあとも予定どおりスケジュールをこなし無事終わる事が出来、ほっとしたものです。

先生を中心とする思い出は現役時代、さらには社会人になってからも数々あり一々数え切れません。

私がこの40年、会と積極的にかかわりあえたのも先生抜きにしては考えられません。

「坂手先生が損得抜きに華道会を愛したお気持」を肌で感じ、私の人生において坂手先生は永遠に心に残るすばらしい先生であったと今も大きな比重を占めております。

「インドネシアラヤ」の思い出(昭和43年卒 山口 勝征(S16年秋物故)

 
坂手先生には現役当時、日比谷と新橋にあった「インドネシアラヤ」というお店でよくご馳走になっていました。

今から思えば顔から火が出るくらい恥ずかしい思いなのですが、よくあんなにずうずうしくご馳走になったものだと思います。
あんな洒落たレストランで食事をするなんてそれまでの私にはとても考えられなかったことですが、いい経験であり楽しい一時でもありました。

それから30数年、今また「インドネシアラヤ」に通っているのです。

本ホームページのコーナーに昨夏の会員によるバリ旅行として掲載されましたが、実は私の実弟がバリ島とジャワで事業を営み、私も度々出向き、インドネシア料理には特別の思い入れがあるからなのであります。

弟の会社の人間や知人がインドネシアから日本に来ると必ず連れて行くのですが、昔の日比谷や新橋には今はなく、新宿歌舞伎町だけとなってしまいました。

メニューを見て向こうの人はびっくりです。

支払いの時に彼らの給料の2〜3倍も払い、初めて日本に来た人は腰を抜かしてしまいます。

そんな中で私一人、そこで食事をする度にいつも坂手先生のことを思い出します。

親孝行、したい時には親はなし、なんて言いますが坂手先生にお返しのご馳走をしたくてももうできません。

本当に先生にはお世話になった一人として今も感謝している次第であます。

(追)バリ島に行かれるご予定のある方は是非ご一報下さい。特別のおもてなしをさせて頂きます。グループツアーで体験できないようなことが楽しめます。

坂手先生へのお詫び(平成7年卒 鈴木ひかる) 

 
坂手先生に一つお詫びしたいことがある。

大学3年の夏、華道会は千葉県の内房にある金谷で合宿を行った。

この年、私は会計を担当し、また合宿のコーデイネートを担当した。

合宿中、昼間は生け花をいけ、夜は海岸で花火をしたり、先生を囲んで酒を飲んだりした。

合宿の最終日、華道会の一行は午前中に宿を出発し、昼間はマザー牧場でジンギスカンを食べた。

そして東京に向かった。

マザー牧場を出発したのは、たしか午後3時頃であった。

大渋滞で内房海岸沿いの片側1車線の道を時速20〜30キロほどのスピードで走っていた。

木更津あたりで車線が増えた。

しかし東京方面の道路は相変わらず車で埋め尽くされていた。

速度がアップすることなく、のろのろ運転が続いた。

速度がアップすることなく、のろのろ運転続いた。

当時、川崎から木更津まで結ぶ東京湾アクアラインは完成していなかった。

東関東自動車道路などの東京湾沿いの道をひた走るしかなかった。

夜の8時を過ぎて、やっと左手に東京デズニーランドのシンデレラ城を見ることが出来た。

「おなかがすいちゃった」私の車に乗っていた先生は、疲れた声でそう言った。

首都高速の葛西ICの出口で一般道に入り、出口近くのレストランに入った。

私は長時間の運転で疲れていた。

食事中、終始イライラを募らせ、キツイ表情を露骨に出していた。

ときどき先生や周りを鋭く睨みつけたりしていた。

「鈴木さん、お食事のお味は、いかがですか」おそるおそるとした口調で話かけた。

この他にも先生は私の機嫌を損ねないように、気を使った言葉を掛けてくださった。

お稽古のとくなどでは、先生が怒り、私が恐縮する立場であった。

しかし、この時は立場が逆転してしまった。

あの時は大人気ない態度をとってしまいました。

坂手先生、ごめんなさい。

坂手先生との思い出(平成11年卒 秋友 大我)

 
1996年の第38回三田祭明けから1997年の第39回三田祭までの間、華道会代表を務めさせて頂きました、秋友です。

代表在職中においては、私が不出来ゆえに先輩やOBの方々はもちろんのこと、後輩にまでもたくさんのご迷惑をおかけしましたことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

本当にお世話になりました。

さて、私と坂手益子先生との思い出と言えば、皆さんにはない私特有の思い出の場所として、国立東京第二病院が挙げられます。

私が代表をしていた頃は、ちょうど坂手先生が入退院を繰り返していた時期と重なり、週に一度ぐらいの割合で、華道会の運営に関する相談も兼ねて、病院へお見舞いに行っておりました。

坂手先生の体調のことを考えると、早く帰らなくてはならないのですが、ついつい長居してしまうことが多かったように思われます。

面会時間を超えてもなお、病室にいることも何度かありました。

また、病室では坂手先生によく叱られたのを覚えております。

数を挙げたら、きりがないです。

坂手先生の素性を病院の看護師さんい誤って喋ってしまい、叱られたこともありました。

どうやら坂手先生は、秘密主義者だったようです。

でも、そのたくさん叱られたことが血となり肉となり、今の自分に活かされているのだと思うばかりです。

その他にも、ダイアナ妃の葬儀の中継を病室のテレビで一緒に観たりもしましたし、病院食をご馳走になったりもしました。

牛乳やヨーグルトをたくさん持って帰ったりもしました。

色々な事がありました。

最後に、坂手先生は1928年3月31妃のお生まれですので、ご存命でしたら現在74歳ということになります。

そう考えると、まだまだ生け花の指導をして頂きたかったとも思いますが、満開のまま散っていかれたのですから、最高の引き際だったと思います。

46年卒鈴木弘氏所有の写真その1

 
上記写真のお店は、今はなき三田慶應仲通りの小料理屋「紬」です。

初代会長先生でいらっしゃった横部徳三郎先生がこよなく愛し贔屓にしていたお店です。(後列右から4人目が横部先生です。)

46年卒鈴木弘氏所有の写真その2

46年卒鈴木弘氏所有の写真その3

 
上記46年卒川村氏が同じく46年卒並松氏(旧姓佐藤氏)の肩に手を廻し手にしているのがこの当時は確かにあった「慶應義塾大学華道会会旗」です。

その後OBの誰かの手に渡り保管されている筈ですが現時点では所在が分かりません。

どなたかお心当たりの方いらっしゃいましたら、HP管理者吉井宛ご一報下さい。

47/3卒川村氏写真その1

昭和44年8月夏合宿(老神温泉)

47/3卒川村氏写真その2

昭和45年8月夏技術合宿(戸隠)

47/3卒川村氏写真その3

昭和45年8月夏合宿・お寺の本堂

47/3卒川村氏写真その4

昭和45年8月夏合宿(戸隠高原)お寺本堂前にて

47/3卒川村氏写真その5

昭和45年8月夏合宿(戸隠高原)散策その1

47/3卒川村氏写真その6

昭和45年8月夏合宿(戸隠高原)散策その2

47/3卒川村氏写真その7

昭和45年8月夏合宿(戸隠高原)長屋門の前で

47/3卒川村氏写真その8

昭和45年8月夏合宿(戸隠高原)・大名籠担ぎ&行く。

47/3卒川村氏写真その9

談笑その1とその2

47/3卒川村氏写真その10

三田祭

47/3卒川村氏写真その11

ハイキングその1とその2

徳安師範所有写真 その1


1979年(昭和54年)の伊豆の夏合宿の一こまです。

徳安師範所有写真 その2


1979年(昭和54年)伊豆の夏合宿の一こま(昆虫類館前で)


徳安師範所有写真 その3


1979年(昭和54年)伊豆の夏合宿の一こま(坂手先生がポーズ)


徳安師範所有写真 その4


1979年(昭和54年)伊豆の夏合宿の一こま(坂手先生ゴーカートで童心に帰る。)


徳安師範所有写真 その5


1979年(昭和54年)秋、三田図書館前にて


徳安師範所有写真 その6


1980年(昭和55年)の技術合宿(代々木オリンピックセンター)


徳安師範所有写真 その7


1980年(昭和55年)三田祭打ち上げで富久寿司にて。


徳安師範所有写真 その8


1981年(昭和56年)2月、横浜中華街での4年生オイコンです。






前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ