慶應義塾大学華道会50周年記念パーティについて。


盛況だったパーティ(16:30受付開始・開宴17:00・終宴19:15)の模様

平成十八年十二月二日(土曜日)午後五時より、銀座6丁目の「交詢社」で華道会創立五十周年記念パーティ(来賓2名、OB81名、現役10名、計93名出席)が開催されました。
三浦、津田両名誉会長をはじめ、81名のOBが、駆けつけて下さいました。
9名の現役に準備受付等手伝って貰い、58年卒徳安華道会師範手配のシーズンの花・シクラメン鉢がたくさん会場を彩りました。
当日は大勢の皆様から寄せられた想い出や当時の秘話をまとめた50周年記念誌が配られました。
それを紐解き、同僚や先輩後輩との久し振りの顔合わせに話がはずんだ楽しい2時間でした。
(19:00)44年卒正村氏の指揮で「若き血」を全員で元気良く斉唱し散会しました。
パーティの模様はH19年3月か4月に「三田評論」の中の「三田会だより」コーナーに掲載予定です。
尚、記念誌発行にあたり、46年卒鈴木弘氏の会社サンパートナーズ蒲lに多大なご協力をいただき、編集に当たっては36卒菅氏に尽力してもらい、33年卒OB会幹事長小谷氏を筆頭に他の幹事35年卒小谷(美)さん・37年卒松岡氏・37年卒吉沢さん・45年卒安井氏・前述46年卒鈴木弘氏にも長期間頑張っていただきました。 
当日の出席者は次のとおり。
来賓
三浦冨美子名誉会長、津田昌名誉会長、 計2名
OB会員(年次順・順不同、敬称略)
33年卒小谷堅司郎、入交俊輔、小林順之助、齋藤登、福村康蔵、水原正一朗、八木忠一郎、田中齊、瀬戸俊彦、34年卒栗原光一、菅沼利太郎、英義道、35年卒小谷美穂子、近藤桂子、能勢淳子、36年卒清水康志、菅安弘、矢野千鶴子、37年卒松岡茂、吉沢嘉子、38年卒伊藤輝夫、川西弘子、39年卒岩瀬晶子、入江麗子、熊谷薫、米山節子、40年卒安藤賢治、衞藤栄津子、酒井善浩、41年卒生田夏枝、伊藤邦子、久保田徳弘、黒川千重子、立岩弘美、滝山明子、土田裕子、山田良子、三上千恵子、吉井秀男、42年卒稲月充子、小野正子、黒木幸子、斉藤洋子、吉住淳、43年卒白幡聡、萩原桂一、44年卒相原真理子、合原知子、正村和夫、村上三江子、渡部ますみ、45年卒安井壬久、46年卒並松省三、島田祐亨、鈴木昇、鈴木弘、47年卒川村勝司、松村正之、48年卒宮入暁子、49年卒鏡山雅子、岡田満佐子、51年卒佐藤留美、53年卒児玉雅裕、58年卒島本久美子、徳安久是、60年卒山内淳、H3年卒北村栄美子、H7年卒岡野純司、鈴木ひかる、H9年卒稲垣俊之、H10年卒木村亮一、小淵しずか、下倉世紀子、松永麻也子、H11年卒辻井裕美、三崎真穂子、H12年卒野間口太朗、H13年卒藤平貴久、H16年卒花井貴子、H17年卒下條和泉、為村由羽紀 計81名
現役会員(学年順・順不同、敬称略)
3年生藤井愛美、大石真規子、鬼塚萌、谷口秀平、2年生萩原里江、若澤佑典、1年生香川牧子、神原武司、春木麻利江、浅子香織  計10名(浅子さんは記念撮影後に駆けつけ)
合計93名
寄付頂いた方々(年次順・順不同、敬称略)
33年卒高橋(龍)、大辻、曽根、34年卒高嶋、36年卒小黒、中川(太)、東田、37年卒西、38年卒塩入、新藤、39年卒中川(富)、代永、煤孫、吉富、尾碕、40年卒吉村、山田(和)、41年卒荒木(正)、42年卒近沢、中島(鉄)、44年卒加藤(京)、45年卒室田、根本、46年卒鈴木(美)、長尾、47年卒今中、48年卒松本(直)、49年卒下河辺、原、50年卒田中(純)、山口(武)、52年卒白根、53年卒荒木(眞)、児玉(嘉)、出口、富岡、54年卒中村(晴)、57 年卒石田、60年卒宮田、63年卒山下(陽)、木村(良)、H1卒山本(悟)、H6年卒中村(百)、H9年卒鈴木(裕)、粟飯原、H11年卒秋友、H13年卒荻原、H16年卒田村(里) 計48名
 

来賓挨拶

なお16.12.21〜18.12.2の間に寄付(入金日順、敬称略)いただいた方々は下記の通りです。
H9年卒小林(美)、40年卒安藤(賢)(12/2出席者と重複)、63年卒柳川、36年卒東田(前記寄付頂いた方と重複)、53年卒富岡(前記寄付頂いた方と重複)、宮下会長、八川顧問、三浦名誉会長(12/2来賓と重複)、岳獅師範、高橋師範  計10名

司会は45年卒安井氏・H17年卒為村さんの2人、会の創設者33年卒小谷OB会幹事長の「会が継続しえた事の感謝と今日から100周年めがけて力を合わせよう」という挨拶で会は始まりました。
三代目会長三浦名誉会長(上記写真がそれ。)の「NEVER  GIVE UP 神様は越えられぬ試練は与えられません」という実体験に基づくご挨拶に全員勇気を与えられ、四代目会長津田名誉会長のご挨拶とご発声で乾杯と佳境に入りました。
前述しましたが同僚や先輩後輩との久し振りの顔合わせに話がはずんだ楽しい2時間でした。
(19:00)「若き血」を全員で元気良く斉唱・エールの交換と盛り上がりその余韻が残り名残惜しくはありましたが次の総会での再会を楽しみにHP管理人の閉会の辞でパーティは終了しました。
最後に90名(OB2名が所用あり早退・現役1名が撮影後駆けつけ)による記念写真(50ハートのシクラメン100鉢が華やかに前景を飾った巻頭写真がそれ)を行い、引き出物の「記念品」・「五十周年記念誌」・「シクラメンの花」を持って散会しました。

41年卒同期の仲間

改めて我々41年卒の出席人数11名(上記写真がそれです。)の多さ(11/93=12%と全体の1割以上。)を実感した今回のパーティでした。
2次会にも1名を除くほぼ全員の10名が参加していただき長年苦労した甲斐があったと嬉しさを禁じえませんでした。
1次会のパーティでは写真撮影に専念した私も2次会では皆さんと昔話が出来て幸いでした。
私にとって9/16北アの遭難救出以来2ヶ月半経過、はじめての公式の場に顔出しでした。
OB会から頼まれ2時間で1眼レフでフイルム4本(140枚)、それとデジカメで40枚撮った次第です。
140+40/120=1.5枚と言う事は1分に1枚半の勘定でシャッター切った勘定になります。
唯一の公式カメラマンで痛い足裏を顔に出さす会場内飛び回りました。
これで遭難劇の話が回避出来るかなと思っていましたが最後に私が閉会の辞を述べる前に50周年仕切った幹事紹介(私を含む5〜6名が)と慰労の発声が同じ幹事の37年卒松岡氏からありその過程で私の「遭難事故からの生還」を発表されてしまい知らなかったOBも居て吃驚されたのには参りました。

華道会の現況

徳安師範の現況報告と現役会員9名の紹介(上記写真がそれ。)・会場のシクラメンでの見事な飾り(50ハート)も皆で作ったという話に参加者は喜び、何十年ぶりでの出席者もいたので、楽しく歓談し、大いに盛り上がった2時間でした。
次の総会での再会を楽しみにHP管理人である私の閉会の辞でパーティは終了しました。
最後に90名(2名が所用あり早退・現役1名も撮影後駆けつけ)による記念写真を行い、引き出物の「記念品」・「五十周年記念誌」・「シクラメンの花」を持って散会しました。  
話を現役に戻しますと、現在4年生が1名、3年生が4名、2年生が2名、1年生が4名の計11名が現役会員の構成です。
1年生が4人も居るのは心強い限りです。

2次会(19:30〜21:30)の盛り上がり

銀座通り資生堂パーラー前・三菱東京UFJ銀行裏隣りの銀座「たあぶる館」B2F塾員会員制クラブ・銀座二次会会場の銀座BRBには55名が再集しました。
2次会ではパーティで司会をして呉れた45年卒安井氏が歌った三波春夫の俵星玄蕃の10分間熱唱・初めて聞く41年卒の皆さん(私を除く9名)は彼の歌唱力もさる事ながら記憶力の良さに感心していました。
私を含む有志7名はその後近くのバニーのラウンジ・エスカイアで三次会(22:00〜23:00)と名残を惜しんだ次第です。

16.12.20〜18.12.11収支監査

上記写真は監査が終わりくつろいで12/2のアルバム10冊(183枚)を安井氏に見て貰っている所です。(ちなみに今回焼き増しはL637枚・2L96枚でした。)

・50周年イベント直接収支・収入
1,161,538(132,000(16.12.21〜18.12.2迄寄付者)+10,141(17.2.17偲ぶ会より寄付)+812,000(12/2パーティ出席者会費)+149,000(50周年OB寄付)+58,397(別口口座振替))−支出1,226,990(462,210(SPC支払い)+63,300(引出物・慶應クッキー)+604,000(12/2パーティ+2次会現役分)+97,480(シクラメン100鉢)=▲65,452円

・16.12.20〜18.12.11迄の収支
収入1,639,553(前回監査時点残高478,015+上記直接収入1,161,538)−支出1,445,483(上記直接支出1,226,990+その他218,493(通信費・写真代・義援金・その他)=194,070円

監査報告 
1.監査実施日  18.12.14(木) PM17:30〜18:30
2.監査場所   京橋ジャンダルム
3.監査結果
41年卒吉井秀男氏が管理しているOB会入出金帳を領収書に基づき16.12.20前回監査承認時点以降今回監査基準日(18.12.11)迄全て精査した結果、適正である事を認めます。     
なお現在残高(194,070円)は華道会OB会の郵便振替口座現在高証明書(18.12.11現在)と一致している事を確認しました。
平成18年12月14日 
監査人 昭和45年卒 安井 壬久




トップページへ
トップ
次のページへ
次へ